「日本は何かを隠している」=F-35の墜落原因がはっきりしないまま飛行再開で中国専門家が指摘―中国メディア

Record China / 2019年6月20日 22時20分

写真

19日、央視網は、航空自衛隊のF-35A戦闘機が墜落した事故原因について中国の軍事専門家が「何かを隠している」との見方を示したと報じた。

2019年6月19日、央視網は、航空自衛隊のF-35A戦闘機が墜落した事故原因について中国の軍事専門家が「何かを隠している」との見方を示したと報じた。

4月に青森県の航空自衛隊三沢基地付近の海域でF-35A戦闘機が墜落した事故について航空自衛隊は今月10日に事故調査報告を発表し、パイロットが事故当時、空間識失調を起こしており、自機の高度や姿勢が把握できていないまま時速1100キロで海面に突っ込んだとの調査結果を明らかにした。

記事はまた、報告では戦闘機の機械的な故障の要素を基本的に排除しており、同自衛隊が今後パイロットのトレーニングや機体の検査を徹底したうえで、近いうちに同型戦闘機12機の飛行を再開する予定であることを明らかにしたと伝えている。

これに対して、中国中央テレビ(CCTV)の番組に出演した中国の空軍問題専門家・宋心之氏は「事故報告では単に空間識失調が事故を起こしたとするだけで、それ以上は究明しない、あるいは言及しない姿勢が見える。天気やパイロットの体調といった問題が言及されていない。空間識失調を起こした理由、事故の根本的な部分と言える原因を探すことなくうやむやにしていることから、日本は事故原因について何か隠しているのではないかと思う」と指摘した。(翻訳・編集/川尻)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング