韓国大統領府前が大変なことに!デモ、宴会で泥酔する人たちに韓国ネットもため息

Record China / 2019年6月24日 19時20分

写真

21日、韓国・朝鮮日報は「昼はデモ、夜は宴会…デモ隊の遊び場になった大統領府前」と題する記事を掲載した。写真は韓国大統領府。

2019年6月21日、韓国・朝鮮日報は「昼はデモ、夜は宴会…デモ隊の遊び場になった大統領府前」と題する記事を掲載した。

記事によると、韓国の大統領府付近では今年に入り大小の集会・デモが1日に4~10件ずつ行われており、参加人数は40万人に達しているという。全国民主労働組合総連盟の正規雇用の増加を求めるデモ、韓国キリスト教総連合会の文大統領の退陣を求めるデモ、ソウル市内のある学校の保護者らの学校周辺の工事禁止を求めるデモなど内容はさまざまだ。

大統領府から100メートルの場所での集会・デモが可能になったのは、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾を要求するデモが行われた2016年末からという。それまでは1キロ付近まで許可されていなかったが、当時の裁判所の「集会・デモの自由を保障する」という趣旨により800メートルから400メートル、200メートルと許容範囲が広がり、ついに同年12月には100メートル前まで許可されたという。

しかし記事は「これにより大統領府前がデモ隊の“奥座敷”に変わった」と伝えた。昼間はデモ、夜には一部の人たちが宴会を開き、中には泥酔する人まで出ているとのこと。こうした状況でも警察による制止はないという。

これについて、建国(コングク)大学警察行政学科のイ・ウンヒョク教授は「政府が表現の自由を強調するため、警察が集会やデモの許容範囲を広く認めている。ただ、国の地位やイメージに関わる象徴性のある場所については、警察がより厳格な管理をする必要がある」と指摘しているという。

これに韓国のネット上では3000件近くのコメントが寄せられており、「自分が出した食べ残しやごみは自分で片付けようよ。それくらいのこともできない人は、主張などするな。まずは幼稚園から通い直し」「デモ隊が労働者に貢献してる部分もあるけど、だんだん権力が強くなってきて、今やチンピラ集団のよう」「表現の自由は認めるけど、品位ある行動をしてほしい。度が過ぎた自由により公益と秩序を害する場合は厳罰に処すべき」「韓国人は自由を乱用し過ぎだと思う。みっともないし、情けない」などマナーの悪さを非難するコメントが相次いでいる。(翻訳・編集/松村)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング