文大統領「日本は全く根拠なく北朝鮮制裁に結び付けようとしている」、韓国メディア「外交的解決の可能性小さく」

Record China / 2019年7月11日 14時10分

写真

韓国の文在寅大統領は10日、日本の対韓輸出規制をめぐり韓国財界と懇談会を開いた。韓国メディアはどう報じているのか。資料写真。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、日本の対韓輸出規制をめぐり韓国財界と懇談会を開いた。韓国メディアはどう報じているのか。

同日午前、大統領府でサムスン、現代自動車、SK、LG、ロッテなど大手企業30社と4つの経済団体を招いた懇談会が開かれた。文大統領は「日本は政治的な目的で韓国経済に打撃を与える措置に出た上、全く根拠なく北朝鮮への制裁に結び付けようとしている。両国の安全保障、発展、世界経済にとってマイナスの影響をもたらす」などと日本を批判。また、外交的な解決を日本側に呼び掛け、「これ以上、袋小路に向かわないよう願う」と述べた。

また、事態が長期化する可能性にも言及。対策として、短期的には、政府が企業の輸入元の多様化を積極的に支援すること、国内生産を拡大すること、行政手続きを簡略化することなどが、長期的には、主要産業の核心技術のレベルアップ、部品・材料・設備の国産化率の引き上げなどが示された。文大統領は、「政府と企業が協力して対応することが必要」とした。

これについて、韓国・聯合ニュースは「日本の措置を政治的目的であるとした上で、日本がこれを韓国の対北朝鮮制裁の履行と結び付けたことに対して事実上、強い遺憾の意を示したものと受け止められる」と伝え、安倍首相が韓国に対し北朝鮮への制裁義務履行を求めたことについて「根拠のない発言」と指摘した。

中央日報は、「文大統領は『悲壮な覚悟』『前例のない非常事態』など普段はあまり使わない強い表現を使った」とし、事態が切迫していることを伝えた。また、「日本は、(韓国の反応を受けても)なお追加制裁を検討している。外交的解決の可能性は事実上小さくなっているということ」と伝えた。

京郷新聞は、「文大統領の話で最も注目を集めた部分は、今回の騒動は安部政権が政治目的で引き起こしたというところ。これは、韓国がこれまで日本政府に直接矛先を向けて来なかったことと大きく異なる」と指摘した。(翻訳・編集/北田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング