韓国への非難強める北朝鮮、また「韓国排除論」―中国メディア

Record China / 2019年7月17日 11時0分

写真

中国中央テレビのニュースサイト・央視網は16日、北朝鮮が韓国への非難を強めていると報じた。資料写真。

中国中央テレビ(CCTV)のニュースサイト・央視網は16日、北朝鮮が韓国への非難を強めていると報じた。

北朝鮮外務省の米国研究所政策研究室長は11日に発表した談話で、韓国がF-35ステルス戦闘機の配備を進めていることを「南北軍事協議に対する挑戦」と非難。「韓国が外部勢力への依存から脱却できなければ、南北関係の前途に希望はない」と断じ、「(韓国の)殺人武器導入を受け、わが国もこれを焦土化する特殊武器の開発と実験をせざるを得なくなった」と主張した。

北朝鮮は13日にも韓国に対して「米朝会談に介入するな」と要求。北朝鮮の対外宣伝メディアの「わが民族同士」は、「米国の意向がなければ話を進められない韓国と対話をするよりも、米国と直接話をした方がより建設的だ」と報じた。

今月初めに、北朝鮮が米朝の非核化交渉の中で米国務省のビーガン北朝鮮政策特別代表に「韓国は核に関する議論から外れた方がいい」との考えを伝えていたと報じられた。央視網はこれを念頭に、「わが民族同士」の報道について「非核化交渉で再び『韓国排除論』に言及した形だ」と伝えている。(翻訳・編集/北田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング