韓国で相次ぐ反日デモ、日本大使館が警備強化を要請=韓国ネットから賛否の声

Record China / 2019年7月23日 15時20分

写真

22日、韓国・マネートゥデイによると、日本による対韓国輸出規制の強化後、韓国では日本公館近隣での「反日事件」が相次いでいる。これを受け、駐韓日本大使館は韓国外交部に公館警備の強化を要請した。写真は釜山の日本総領事館。

2019年7月22日、韓国・マネートゥデイによると、日本による対韓国輸出規制の強化後、韓国では日本公館近隣での「反日事件」が相次いでいる。これを受け、駐韓日本大使館は韓国外交部に公館警備の強化を要請した。

駐韓日本大使館関係者は22日、「デモが相次いでいるため公館警備の強化を要請している」と述べた。

釜山の日本総領事館では同日、大学生とみられる男女6人が日本に抗議するためデモを行い、警察に逮捕された。6人は午後2時30分ごろ、日本総領事館の庭で「日本は謝罪せよ」と叫びながら「主権侵奪 安倍糾弾」と書かれたプラカードを敷地の外に向かって投げた疑いが持たれている。

19日には70代の男性がソウルの日本大使館前で焼身自殺を図り、死亡する事件も起きた。男性は大使館へ向かう途中、知人との電話で「日本への反感から火を付ける」と話していたという。また、男性の家族は警察に対し、男性の義父が「強制徴用された」と供述したという。

駐韓日本大使館からの警備強化要請に関し、韓国外交部は「外交公館の安静をかく乱する行為が発生したことに憂慮している」とし、「外国の公館と公館職員の安静のため努力を続け、警備強化などについて警察側と緊密に協力していく」と述べたという。

これに、韓国のネットユーザーからは「憂慮?勇敢な市民賞を与えるべきだ!」「不安なら措置を撤回するか、韓国から撤収したら?」「法律は守るべきだけど、若者が動く姿を見るとこの国の未来は明るいと思える」「若者らしい勇敢な行動。支持する」などデモを支持する声が多く寄せられている。

一方で「正直そこまでする必要はないと思う」「抗議するのはいいけど過激なのはよくない」「韓国が暴力的な国になってしまう。冷静さは忘れてはならない」と懸念を示す声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング