和菓子に魅せられ日本にやってきた中国人、そこで出会ったのは…

Record China / 2019年8月2日 16時50分

写真

日本で頑張る中国人にインタビュー。来日のきっかけや日本人との触れ合いについて、横浜で和菓子屋を開いた熊雪梅さんに話を伺った。

日本で頑張る中国人にインタビュー。来日のきっかけや日本人との触れ合いについて、横浜で和菓子屋を開いた熊雪梅(ゆう・せつばい)さんに話を伺った。

四川省出身の熊さんが和菓子と出会ったのは12年前の2007年。中国で働いていた時、来社した日本人のお客さんが手土産で持ってきた芸術性の高い和菓子「上生菓子」を見て、その美しさに一瞬で心を奪われた。同僚たちからも感嘆の声が上がり、熊さんは「こんなにも人を感動させる和菓子を自分も作ってみたい」と思ったという。

運命の出会いから2年後の2009年春、熊さんは日本に留学した。まずは横浜の語学学校で日本語を身に付けてから、同市内の製菓専門学校に入学し、お菓子づくりを学んだ。卒業後は和菓子事業を国際展開する会社に入り、働きながら和菓子づくりに励んだ。その後も、日本各地を回って味の研究をしたり、和菓子屋で短期修行したり、勉強会に参加したりと武者修行し、腕を磨き続けた。

そして2018年10月1日、ついに念願の自分のお店「菓心 雪梅庵(かしん ゆきうめあん)」を横浜市鶴見区にオープンした。「日本でお店を開いたのは本場の味がつくりたかったから」と熊さん。「ちょっとしか勉強していないのに中国でお店を出す方がいますが、それは納得いかなくて。本物は時間をかける必要がある。日本人が食べても絶賛されるくらいにならないと」と話した。

お店には熊さんの和菓子づくりの原点となった上生菓子のほか、色とりどりの美しい和菓子が並ぶ。大きな栗がゴロっと入った「栗蒸し羊羹」や季節のフルーツを丸ごと閉じ込めた「フルーツ大福」など、すでに多くのファンを持つ人気商品も誕生した。

開店までには苦労もたくさんあった。「日本で外国人初の和菓子屋でしたので、すべてが大変な思いをしました」と当時を振り返る。莫大(ばくだい)な保証金を求められたり、保証人が必要と言われるなど、店舗探しから困難の連続だった。ようやく店舗が決まり、オープンに向けて準備を進めていたが、開店1カ月前に投資経営ビザが下りず、「散々だった」という。

これまで出会った多くの人に助けられてきたという。修行や勉強会でたくさんの職人と知り合い、技術面でもいろいろなことを教えてもらった。「沖縄から名古屋、大阪、千葉、山梨、埼玉…いろいろな和菓子屋の職人さんに応援されてきました。オープンの日もいろいろな地方から手伝いに来てくれました」と語る。

「和菓子業界の振興会の会長さんがわざわざ店に来て本場のあんこの作り方を一から教えて下さいました。本来ならそれは自分の弟子以外には教えないものです。だからうちのどら焼きは恩返しどら焼きになっています」と話した。支えてくれたたくさんの人への感謝の気持ちを込めて、「おんがえし」と名付けたという。

熊さんは和菓子修行や開店準備、商品づくりなどをSNSで発信してきた。そこには和菓子への愛があふれている。時には失敗することもあるが、自分を鼓舞して乗り越え、一歩一歩前に進む。飾らない言葉でつづられた思いや夢に向かって努力する姿が多くの日本人の心を打ち、コメント欄には応援の言葉や同業者のアドバイスが並んでいる。

現在の目標は「地域の方々に愛されるお店にすること」。そして、いつか中国で日本の本場の和菓子を提供するお店を出したいという。

熊さんが生み出す和菓子の数々は、伝統を守りながらも、独創的なアイデアが光る。センスの良さが際立ち、その美しさはまるで芸術作品のよう。熊さんが12年前に和菓子を見て感動したように、これからは熊さんが作る和菓子が人々を魅了していくだろう。(取材/藤野)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング