日本でタピオカ輸入量が過去最高、「買わないなんて時代遅れ」―中国メディア

Record China / 2019年8月22日 13時50分

写真

21日、中国メディア・界面新聞は日本でタピオカミルクティーが大流行している現状について紹介する記事を掲載した。資料写真。

2019年8月21日、中国メディア・界面新聞は日本でタピオカミルクティーが大流行している現状について紹介する記事を掲載した。

記事はまず、大阪税関が19日公表したデータとして、19年上半期(1~6月)のタピオカ輸入量は前年同期比4.3倍の4471トン、輸入額は15億円に達し、輸入量、輸入額ともに過去最高となったと伝えた。飲み物以外でもタピオカを使う動きがあることから、大阪税関の担当者は「下半期も好調」と見込んでいるという。

記事は次に、「日本のタピオカブームは3回目。あるネットユーザーが『なぜ最近日本でタピオカブームが再燃しているのか』という話題を取り上げたが、その答えは『前回のブーム時に今の若い人たちが生まれていなかったから』というものだった」とした。

記事は、1990年代初期と2008年前後に日本でタピオカブームが起きていたことを紹介。90年代初期にブームとなったのは白いタピオカで、主に中華料理店や台湾スイーツ店で取り扱われていた。08年、台湾のミルクティー店が日本に出店し、黒いタピオカを持ち込んだ際もブームとなっている。

記事は「3度目となる今回のブームは別格」とし、「タピオカを使ったかき氷やラーメン、みそ汁なども登場している。東京の原宿には『タピオカランド』がオープン。撮影用の巨大なタピオカの飾りや、タピオカミルクティーのスタンドも設置されている」と紹介した。

さらに、今回のブームの背景を分析。「タピオカミルクティーは持ち運びしやすい。店の様子や商品の外観も話題となった」「原宿などで15年頃から流行し出したクレープやアイスクリームなどの『食べ歩き』スタンドが今回のタピオカブームを後押しした」などとし、「SNSでタピオカミルクティーに関する投稿が相当数あるということも大きい」と説明した。

最後に、「流行の店やタピオカドリンクの味、かわいいカップなど、現代人はより早くこうした情報をSNSでシェアすることに慣れている。タピオカミルクティーがSNSで注目を集め始めた時、多くの若者は『出遅れたくない』と買い求め、SNSに投稿した。これは心理学的に『バンドワゴン効果』と言われ、『みんながやっているから自分もやろう』というもの。タピオカミルクティーは今や日本の若者の文化アイコンとなっている」と総括し、「『買わないなんて時代遅れ』ということだ」と述べた。(翻訳・編集/和田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング