上海コストコ開業2日目も客殺到、深夜2時から並ぶ人も―中国メディア

Record China / 2019年8月29日 14時40分

写真

米会員制量販大手コストコ・ホールセールの中国1号店となる上海店は開業初日の27日、来店客が殺到したことから、安全のため営業終了時間を前倒しする事態に追い込まれた。2日目は開店待ちの人数は減ったが、それでも深夜2時から並ぶ人がいたという。

米会員制量販大手コストコ・ホールセールの中国1号店となる上海店は開業初日の27日、来店客が殺到したことから、安全のため営業終了時間を前倒しする事態に追い込まれた。

中国メディアの毎日経済新聞は29日、開業2日目となる28日の開店前後の状況について、「警備員によると、開店待ちの人数は初日に比べてだいぶ少ないという。それでも記者が午前9時ごろに到着したところ、ざっと数えても200~300人が店内への入場を待っていた」「午前7時ごろには長蛇の列ができ、中には深夜2時に来た人もいたという」「警備員は店内への入場まで1~2時間待ちと案内していたが、ほどんどの客が列に並び続けていた」などと伝えた。

記事によると、28日からは店内に入場できる人数を2000人に制限して営業するほか、アプリとショートメッセージで売り場の最新状況を通知するサービスも始めたという。(翻訳・編集/柳川)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング