最新ミサイルDF-41、10月の建国70周年パレードに向け北京に移動か―香港メディア

Record China / 2019年9月1日 10時10分

写真

30日、環球時報は、中国建国70周年の軍事パレードに向けて、最新ミサイルDF-41が北京に運ばれたと香港メディアが報じたことを伝えた。写真は天安門。

2019年8月30日、環球時報は、中国建国70周年の軍事パレードに向けて、最新ミサイルDF-41が北京に運ばれたと香港メディアが報じたことを伝えた。

記事は、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが先日、中国の新しい大陸間弾道ミサイルDF-41を含む武器が、10月の建国70周年記念軍事パレードに向けてすでに北京に移動したと報じ、同ミサイルが複数発の核弾頭を搭載可能で射程距離は1万キロ以上との情報を伝えたことを紹介。ほかにも中国初のステルス戦闘機J-20がパレードに参加する見込みだと報じたことを伝えている。

一方で、国務院新聞弁公室が記者会見で「今回のパレードでは例えばDF-41など、なにか新しい装備の初登場を期待できるか」と質問を受けたのに対し、閲兵指導グループ弁公室副主任の蔡志軍(ツァイ・ジージュン)氏が「あと1カ月もすればパレードなので、あともう少しお待ちください」と明言を避けたと紹介した。

記事はまた、台湾紙・中国時報が「2015年の抗戦勝利70年パレードではDF-31ミサイル発射車両12台が登場し、改良型DF-31AG模型が17年の解放軍創設90周年で展示された」と伝え、最近の大きな軍事イベントでは新型ミサイル関連の展示が行われてきたことを紹介したとしている。

中国時報はまた、今回のパレードではJ-20ステルス戦闘機が大量に登場し、すでに大規模な装備部隊として十分な戦力を形成していることをアピールする可能性があるほか、哨戒機、空中給油機、J-11B戦闘機、Y-8輸送機など空軍の新型機が登場すると予測した。(翻訳・編集/川尻)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング