韓国、「旭日旗」問題でIOC会長に書簡=「FIFAは使用を禁止している」「愛と平和の五輪精神に反する」―韓国メディア

Record China / 2019年9月12日 11時20分

写真

韓国文化体育観光部は11日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長に宛てて書簡を送付し、東京五輪・パラリンピック組織委員会の旭日旗への対応に失望と憂慮を示し、使用を禁止させるよう求めた。資料写真。

韓国文化体育観光部は11日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長に宛てて書簡を送付し、東京五輪・パラリンピック組織委員会の旭日旗への対応に失望と憂慮を示し、使用を禁止させるよう求めた。韓国・聯合ニュースなどが11日付で伝えた。

書簡では、「旭日旗は日本帝国主義が19世紀末から行ったアジア侵略戦争の象徴で、近年は日本の右翼団体が差別やヘイトスピーチに使用している。韓国など、侵略の被害を受けた国及び人々に痛みと屈辱の歴史を連想させる」と指摘。「FIFA(国際サッカー連盟)は使用を禁止している」とも主張した。

同部は、「東京五輪が旭日旗の使用を容認することは、愛と平和を追求する五輪精神に反する」と強調し、IOCに会場への持ち込みを禁止するよう積極的な対応を促した。

これに先立ち、東京五輪・パラリンピック組織委員会は旭日旗を問題視しない方針を示し、韓国が「軍国主義・帝国主義の象徴だ」などとして反発していた。(翻訳・編集/北田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング