中国国旗を燃やして踏みつけた13歳少女が逮捕される―香港

Record China / 2019年9月24日 10時50分

写真

23日、香港・文匯報は、香港で中国の国旗に火を着けた13歳の少女が警察当局に逮捕され、その後保釈されたと報じた。

2019年9月23日、香港・文匯報は、香港で中国の国旗に火を着けた13歳の少女が警察当局に逮捕され、その後保釈されたと報じた。

記事は、21日午後に香港の光復屯門公園で行われたデモの中で、黒い服を着て防毒マスクを装着した若い男女らが屯門大会堂前のポールに掲げられていた中国国旗を降ろしたと紹介。その際、13歳の少女が国旗に火を着けて燃やし、それを多くのデモ参加者が何度も踏みつけた後、逃走したという。

記事によると、燃やされた国旗は消防隊員によって消火されたが、半分が焼けた。少女らは現場から逃げる際に防毒マスクを外したため市民から顔を覚えられ、通報を受けた警察の調査により身元が特定された。少女は一時保釈され、後日警察に出頭することになっているという。

また、ジャンクベイで警察当局が駆逐活動を行った際、不法集結の疑いで13歳と19歳の少年が逮捕された。13歳の少年はレーザーガンなどを所持していたため、攻撃性武器所持の疑いでも逮捕されたと記事は報じている。(翻訳・編集/川尻)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング