韓国で高校教師が「絶対に日本に勝てない」と発言、授業担当を外される=ネットで賛否両論

Record China / 2019年9月29日 8時0分

写真

26日、韓国・聯合ニュースによると、韓国で延世大学の教授が「日本軍慰安婦は売春の一種だった」と発言し猛批判を浴びている中、今度は釜山にある高校の教師が授業中に「日本との経済戦争に韓国は勝てない」との趣旨の発言をして物議を醸している。写真は釜山。

2019年9月26日、韓国・聯合ニュースによると、韓国で延世大学の教授が「日本軍慰安婦は売春の一種だった」と発言し猛批判を浴びている中、今度は釜山にある高校の教師が授業中に「日本との経済戦争に韓国は勝てない」との趣旨の発言をして物議を醸している。

釜山市教育庁などによると、同高校の歴史教師は最近、授業中に「文在寅(ムン・ジェイン)政府が宣伝効果を狙って最高裁の個人賠償判決で韓国人被害者を勝たせた。日本では1965年にお金を支給したのになぜまたあげなければならないのかとなり、そこから日韓経済戦争が発生した」との趣旨の発言をした。その上で「韓国と日本が(経済戦争を)戦えば(韓国は)絶対に勝てない。戦争すれば日本では1000万人が死に、韓国では3000万人が死に、結局は中国に食べられる」と主張した。

また、現政府が推進する南北関係改善政策についても批判的な内容の発言をしたという。

この発言を録音して公開したある生徒は「古くさい話を一方的に頻繁にするので、耐えかねて録音した」と説明した。

これが波紋を呼んだため、教育庁は同教師に対する調査を開始し、同教師を授業の担当から外したという。

同教師は教育庁の調査に対し「ここまで波紋を広げるとは思わなかった。生徒たちに申し訳ない」と話しているという。

これに韓国のネットユーザーからは「本当に教師?全く論理的でない」「親日の根は思っているより深いようだ」「親日思考を持った人は教壇に立てないようにしてほしい」など批判の声が寄せられている。

一方で「間違ったことは言っていない」「教師はこの程度のことも言ってはいけないの?」「経済で日本に勝てないのは事実」「ここまで問題になること?現政権に批判的な人はみんな捕まりそうな勢いだ」などと擁護する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング