中国大使館が日本籍の元解放軍兵士に「中華人民共和国成立70周年祝賀」記念章を授与―中国メディア

Record China / 2019年9月26日 19時10分

写真

在日本中国大使館は25日午後、「中華人民共和国成立70周年祝賀」記念章授与式を行い、中国の戦友と肩を並べて戦った日本人元兵士51人に記念章を授与した。

在日本中国大使館は25日午後、「中華人民共和国成立70周年祝賀」記念章授与式を行い、中国の戦友と肩を並べて戦った日本人元兵士51人に記念章を授与した。北京日報が伝えた。

孔鉉佑(コン・シュエンヨウ)大使はスピーチで「記念章授与式に出席した日本国籍の元兵士は皆敬服すべき古くからの先輩、古くからの友人だ。元兵士各位は中国の戦友と肩を並べて戦い、共に新中国誕生のために血と汗を流し、日本に戻った後もなお新中国の建設と発展に関心を持ち、日中の民間交流を積極的に後押しし、日中が国交を正常化し、両国民の友情を深め、中国の現代化を支持するために積極的な貢献をした」と指摘。

「元兵士各位は高齢にもかかわらず、中国を忘れず、今なお日中の人的・文化的交流の第一線で活躍している人もいる。古くからの先輩各位及びその家族・友人各位が引き続き中国の発展に関心を持ち、日中友好のために献策し、日中友好事業に参加するよう日本の若い世代に影響を与え、これを先導し、国民間の友好が大きな成果を結び続けるようにすることを心から希望する」と述べた。

日本国籍の元兵士を代表して大巾博幸氏、華井満氏、砂原恵氏が発言。中国の戦友と肩を並べて戦った戦火の日々を振り返り、中華人民共和国が成立後の70年間で得た輝かしい成果に心から賛嘆の意を表し、中国の燦然たる未来を祈るとともに、引き続き日中友好のために力を捧げると表明した。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング