第2回中国国際輸入博覧会、60数カ国の出展が確定―中国メディア

Record China / 2019年9月28日 16時50分

写真

中国商務部の高峰報道官によると、第2回中国国際輸入博覧会の各種準備作業は現在、秩序よく進められている。国家総合展の展示面積は3万平方メートルに達し、これまでに60数カ国の出展が確定しているという。写真は第1回中国国際輸入博覧会。

中国商務部の高峰(ガオ・フォン)報道官が26日に同部が行った定例記者会見で説明したところによると、第2回中国国際輸入博覧会の各種準備作業は現在、秩序よく進められている。国家総合展の展示面積は3万平方メートルに達し、これまでに60数カ国の出展が確定しているという。新華社が伝えた。

高報道官は、「第2回輸入博にも中国館を設置し、新中国成立70周年というテーマに焦点を当て、中国の経済社会の発展の成果や新しい時代の新しいチャンスを紹介する」と述べた。

高報道官は、「企業商業展の誘致活動が終了した。今回の企業商業展にはサービス貿易、自動車、設備、科学技術のある暮らし、質の高い暮らし、医療機器・医薬保健用品、食品・農産品の7つのブロックが設置され、展示面積は30万平方メートルを超える。これまでに合わせて150カ国・地域の3千社を超える企業の出展が決まった。出展契約を交わした世界企業500社と各業界のリーディングカンパニーの数は第1回を上回り、初公開される新製品、新技術の数も第1回を超える見込みだ」と述べた。

また高報道官は、「第3回中国国際輸入博覧会の企業商業展の誘致活動がすでに始まっている。海外企業は輸入博公式サイト、海外にある準備機関などのルートを通じて申し込みができる」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング