交代したくない安倍首相―米華字メディア

Record China / 2019年10月7日 5時20分

写真

3日、米華字メディア・多維新聞は、安倍晋三首相が実施した内閣改造は自身の後継者を育てるためのものではなく、自らの悲願を達成させるためのものであるとする評論記事を掲載した。写真は安倍首相。

2019年10月3日、米華字メディア・多維新聞は、「安倍晋三首相が実施した内閣改造は自身の後継者を育てるためのものではなく、自らの悲願を達成させるためのものである」とする評論記事を掲載した。以下はその概要。

安倍首相は9月に内閣改造を行い、小泉純一郎元首相の次男である小泉進次郎氏を環境大臣に起用したことが注目を集めるとともに、早くも世論からは小泉氏が安倍首相の後継者候補の1人との声が出ている。

「小泉氏の言動からは自らが首相を目指す野心が見え隠れする」との見方もあるが、安倍首相による小泉氏の抜てきは、必ずしも後継者探しによるものとは言えない。環境大臣は内閣において最も重要なポジションではないからであり、この議論は時期尚早だろう。

顔触れを考えると、今回の内閣改造に当たっての安倍首相の狙いは後継者づくりではなく、内政と外交でさらに権力を握り、他の派閥勢力を押さえ付けて自民党内を統一し、憲法第9条の改定、日本の国としての「正常化」という安倍首相の政治生命の究極目標に近づくことにあるのだ。

近年、日本経済は安定し、失業率はこの26年で最低水準となっている。安倍首相は国内経済の安定を図ると同時に、国際社会での頻繁な発言に務め、米中両国との関係を調節しつつEU(欧州連合)、インド、ロシアとの関係も速やかに強化し、国際的な立ち位置の拡大を狙っている。これらの一連のアクションも、やはり憲法第9条に自衛隊に関する条項を書き加えるという目標に通じているのである。(翻訳・編集/川尻)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング