日本路線のキャンセルが相次ぐ韓国LCC、「存続危機」に陥る可能性も?―中国メディア

Record China / 2019年10月20日 15時50分

写真

中国メディア・央視財経は17日、「日韓関係の悪化を受けて訪日韓国人観光客が激減し、韓国のLCCが大きなダメージを受けている」と報じた。写真は仁川空港。

2019年10月17日、中国メディア・央視財経は「日韓関係の悪化を受けて訪日韓国人観光客が激減し、韓国の格安航空会社(LCC)が大きなダメージを受けている」と報じた。

日本の観光庁が今月16日公表したところによると、9月に日本を訪れた韓国人観光客は延べ20万1000人で、前年比58.1%減となった。記事は、「日本へ向かう観光客の減少は韓国のLCC業界の経営をいっそう厳しくした。今、韓国のLCCはどのような苦境に陥っているのか」とし、その状況を伝えている。

韓国の仁川空港で取材した同メディアの記者は、「離発着情報が表示されたモニターを見ると、日本便は決して多くはない。韓国のLCCの便はさらに少ない。いくつかのLCCのカウンターを見に行ったが、他の国へ向かう路線のカウンターが混雑しているのに比べ、日本路線のカウンターは閑散としている。日韓関係の悪化以降、日本へ向かう韓国人旅行客は減少し続けている」と伝えた。

韓国の国土交通部は、9月に日本行きのフライトを利用した韓国人旅行客は前年同期比28.4%減少し、日本路線の搭乗率は6割程度にとどまっていると発表した。記事は、「韓国のLCC業界では現在、日本路線の減便や運休が相次いでいる状況だ。同国最大のLCC・済州航空は今月末までに日本行きの路線を最多で78路線減便予定だ」と伝えた。なお、日本路線の3分の1は韓国のLCCが占めているという。

さらに記事は「韓国のLCCはもともと、国際的な原油価格の上昇やウォン安、人件費の高騰などを受けて経営難に陥っていた。第2四半期、韓国のLCC6社のうち業績が黒字となった会社は1社もない」と指摘。関係者から「激烈な競争の中、LCC業界では値下げ合戦が展開され、第3四半期、第4四半期の収益減少は避けられず、存続危機に陥ることもあり得る」との分析が出ていることを伝えた。(翻訳・編集/和田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング