航天科技集団、「竜」シリーズ商用ロケット開発計画を発表―中国

Record China / 2019年10月22日 0時0分

写真

航天科技集団有限公司は19日、「捷竜」固体燃料商用ロケットシリーズ、「騰竜」液体燃料商用ロケットシリーズの開発計画や今後の打ち上げ計画を正式に発表した。

航天科技集団有限公司は19日、「捷竜」固体燃料商用ロケットシリーズ、「騰竜」液体燃料商用ロケットシリーズの開発計画や今後の打ち上げ計画を正式に発表した。人民網が伝えた。

「この竜シリーズは、現在の中国内外の圧倒的多数の商用衛星の打ち上げ需要をほぼ満たすことができる」。同社第一研究院に所属する中国ロケット公司の唐亜剛(タン・ヤーガン)社長によると、竜シリーズは同社の「長征シリーズ」に続く初の商用キャリアロケットブランドで、主に中国内外で日増しに拡大する商用ペイロードの軌道打ち上げの需要を満たす。

竜シリーズは現在、上述した「捷竜」「騰竜」の2種類に大別される。うち「捷竜」には1・2・3号の固体燃料ロケット、及び「捷竜-S」准軌道ロケットが含まれる。同シリーズのロケットは高度500キロの太陽同期軌道の200キロから1.5トンの輸送・積載能力を提供でき、直径1.2メートルから3メートルのカウリングを持つ。同シリーズは「高コストパフォーマンス、高信頼性、スピーディーな契約履行、スピーディーな打ち上げ」の目標達成を目指しており、中国内外の商用衛星ユーザーのネットワーク構築・補完及びペイロード検証などに、信頼でき便利で経済的な専用打ち上げ、定時・定軌道打ち上げと積載サービスを提供する。

計画中の「騰竜シリーズ」商用キャリアロケットは液体推進剤を用いる中型キャリアロケットで、将来的に再利用能力がある。主に中・大型衛星や大規模衛星ネットワーク構築の打ち上げ任務を遂行する。ペイロード1キロあたり打ち上げ価格を5000ドル内にする。同ロケットは詳細な論証中で、2021年頃に初の打ち上げ実験を狙う。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング