生焼けパティ問題に揺れる韓国マクドナルド、その後の対応にも「報復だ」と批判の声

Record China / 2019年11月12日 19時0分

写真

11日、韓国・JTBCによると、韓国のマクドナルドが全国にある約310店舗のキッチンを公開することにした。マクドナルドは先月、従業員が店舗で撮影したとされる生焼けのパティやカビが付着した調理器具などの写真が物議を醸していた。資料写真。

2019年11月11日、韓国・JTBCによると、韓国のマクドナルドが全国にある約310店舗のキッチンを公開することにした。マクドナルドは先月、従業員が店舗で撮影したとされる生焼けのパティやカビが付着した調理器具などの写真が物議を醸していた。

記事によると、マクドナルドは19日にあらかじめ申請した顧客に原材料の管理過程やハンバーガーを作るキッチンの内部などを公開する。同時にデジタル温度計でパティの温度を測り自動で記録するシステムも公開するという。

また、マクドナルドは衛生問題が提起されるきっかけとなった写真について「偽造もしくは意図的に撮影されたもの」とし、写真の提供者に対する捜査を依頼したと明らかにした。これを受け、市民団体は「このような措置は写真の提供者に対する報復だ」と訴える声明文を発表したという。

問題となった写真を撮影したマクドナルドの元従業員の1人は、「当時、他の従業員は掃除をせずに私一人だけが掃除をすることに疲れていた。それ以降、非衛生的な状態が続くのを見て問題だと思い写真を提供した」と説明し、「偽造したり悪意を持って写真を撮ったりしたわけでは決してない」と反論しているという。

これに韓国のネットユーザーからはさまざまな声が上がってる。事前に決められた日にキッチンを公開することについては、「大掃除をしてから公開するってこと?」「日付を決めておいて公開しても意味がない」「19日に合わせてきれいに掃除しておけば済む話。公開が終わればまた元の状態に戻るのでは?」などのコメントが寄せられている。

また、情報提供者に対する捜査依頼には、「反省もせずに撮影者を探そうとするなんてひどい」「このような情報が公開された場合、当該業者は徹底的に事実関係を確認するべきでは?確認もせずに情報提供者を特定しようとするのは良くない」など否定的な声が上がっている。

一方で、「同僚がさぼっていたからといってなぜ写真を撮るの?上司に話してどうにかするべきだったのでは?」「マクドナルド全体が問題なのではなく、一部の無分別な従業員とキッチンを管理するマネージャーが職務をないがしろにしたことが問題だ」「写真を撮る前に自分がやるべき仕事をしっかりするべき。仕事をおろそかにしているからパティは生焼け、食材や調理器具にカビが生えたのでは?」などと指摘するコメントも見られた。(翻訳・編集/長居)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング