トランプ氏、「金持ち」中国への低利融資計画やめるよう世銀に促す―米華字メディア

Record China / 2019年12月8日 18時20分

写真

7日、米華字メディアの多維新聞は、トランプ米大統領が世界銀行に対し、「たくさんの金を持っている」中国への低利融資計画をやめるよう促したと報じた。資料写真。

2019年12月7日、米華字メディアの多維新聞は、トランプ米大統領が世界銀行に対し、「たくさんの金を持っている」中国への低利融資計画をやめるよう促したと報じた。

記事によると、世銀が5日、中国に対し、2025年まで年10億ドル(約1080億円)~15億ドルの低利融資を行う計画を承認したことを受け、トランプ氏はツイッターに「世銀はなぜ中国にお金を貸しているのか。こんなことがあり得るのか。中国はたくさんの金を持っている。(貸すのは)やめろ!」と投稿した。

ロイター通信によると、世銀の19年度(6月30日終了)の対中融資実績は13億ドルと、17年度の約24億ドルから減少。新たな計画では、融資は過去5年の平均である18億ドルから「段階的に減少」する見通しだという。

記事は、こうした世銀の動きについて、「トランプ政権にとって十分な速さではないようだ。トランプ政権はこれまでにも、中国政府は国際的な支援を必要としないほど豊かだと指摘している」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング