韓国・文政権に存続の危機? 3つの疑惑めぐり批判高まる

Record China / 2019年12月11日 16時50分

写真

11日、韓国・デイリーアンは「文在寅政権の存立に対する懸念の声が上がっている」と伝えた。写真は文大統領(韓国大統領府Facebookアカウントより)。

2019年12月11日、韓国・デイリーアンは「文在寅(ムン・ジェイン)政権の存立に対する懸念の声が上がっている」と伝えた。

韓国検察は現在、文政権の3つの疑惑に対する捜査を進めている。3つの疑惑とは、柳在洙(ユ・ジェス)前釜山市副市長の収財事件をもみ消した疑惑、昨年6月の蔚山市長選挙で与党候補を勝たせるため警察に野党候補側近の捜査をさせた疑惑、ウリドゥル病院への巨額の違法貸し付け疑惑だ。

記事は「これらの疑惑が事実だった場合、文政権は厳しい状況に直面する」としている。また、「大統領府の釈明」と「文大統領の沈黙」がさらに文政権への批判を高めていると指摘している。

これらの疑惑をめぐり大統領府が釈明をするたびにこれを覆す供述や証拠が出てきているため、野党からは「文政権がオオカミ少年になっている」「国民の不信感をあおっている」などの指摘が出ているという。文大統領についても「形式的な真相究明の指示はおろか、最低限の遺憾表明すらしていない」と批判する声が上がっている。最大野党「自由韓国党」は特別委員会を設置して「国会レベルでの徹底した調査により事件の実態を明らかにする」との考えを示しているという。

さらに、「文政権はレームダック化している」との評価も出る中、与党議員らに「正しい道」に進むよう求める声も上がっているという。

金秉準(キム・ビョンジュン)前「自由韓国党」非常対策委員長は「選挙介入は民主主義を破壊する行為。これだけでも文政権は存在価値を失う」と指摘。また「現政権は国民の暮らしや国の未来ではなく、どうすれば自分たちの望む国で絶対権力を行使できるかということに関心がある」とし、与党議員らに向け「文政権は今年末で終わる。彼らの反歴史的、没歴史的な行為を共にしてはならない。いつか建てられる歴史の審判台の上に立とうとしてはならない」と警告しているという。

これを見た韓国のネットユーザーからも「経済が破綻しているというのに、文政権は政権維持と不正腐敗を隠すことに忙しい」「社会主義は絶対反対。文政権になれば国が変わると期待していたのに状況はさらに悪化した」「文大統領のコンサートは終了。早く舞台から降りて来て」「検察弾圧をやめてほしい。国民は検察を応援している」「気が付いたら、前政権よりも深刻な国政介入事件になっている」など現政権への不満の声が上がっている。

一方で「任期後半でこんなに高い支持率を維持している大統領は他にいない」「国民の審判を受けるのは自由韓国党の方。来年の総選挙で証明されるよ」と擁護する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング