2019年「米国民が最も尊敬する男性」、トランプ氏とオバマ氏が同率1位―中国メディア

Record China / 2020年1月1日 22時0分

写真

31日、中国メディアの海外網は、調査会社ギャラップによる「米国人が今年最も尊敬する男性・女性」の男性部門で、ドナルド・トランプ大統領とバラク・オバマ前大統領が同率1位となったと報じた。資料写真。

2019年12月31日、中国メディアの海外網は、調査会社ギャラップによる「米国人が今年最も尊敬する男性・女性」の男性部門で、ドナルド・トランプ大統領とバラク・オバマ前大統領が同率1位となったと報じた。

記事は、「トランプ氏は過去4年間、オバマ氏の後塵(こうじん)を拝してきたが、今年は両氏ともに18%でトップを分け合った。米メディアによると、1位に選ばれたのは、トランプ氏にとっては今回が初めてだが、オバマ氏にとっては12回目だ」と伝えた。

記事によると、男性部門の3~5位は、ジミー・カーター元大統領、テスラの最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏、マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏。

女性部門では、ミシェル・オバマ前大統領夫人が2年連続で1位に選ばれた。メラニア・トランプ大統領夫人は2位だった。(翻訳・編集/柳川)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング