米専門家「新型コロナウイルスはインフルエンザのように毎年発生する可能性も」―米華字メディア

Record China / 2020年2月6日 6時50分

写真

米ジョンズ・ホプキンズ大学の専門家は、新型のコロナウイルスについて、「インフルエンザのように毎年発生する可能性がある」との見方を示しているという。写真は日本のマスク売り場。

2020年2月5日、米華字メディアの多維新聞によると、米ジョンズ・ホプキンズ大学の上級研究員のアメシュ・アダルジャ氏は、新型のコロナウイルスについて、「インフルエンザのように季節性で、毎年発生する可能性があるが、ほとんどの症例が軽度である」との見方を示しているという。

アダルジャ氏は、米CNBCのインタビューで、「多くの人が軽度の病気にかかり、多くの人にとってはインフルエンザのような病気になるが、一部の人にとっては非常に重症になる可能性がある」とし、「(新型コロナウイルスは)病気を引き起こす季節性呼吸器ウイルスファミリーの一部になるだろう」と述べた。

一方で、アダルジャ氏は、現在の流行が軽度のパンデミックに変わり、米国でさらに広がるとも予想しているという。(翻訳・編集/柳川)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング