日本で15日からマスク転売禁止、中国ネット「まだあと4日も転売できるのか」

Record China / 2020年3月11日 12時0分

写真

日本政府は10日、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐる対策として、マスクの転売を規制する政令改正を閣議決定した。中国のネットユーザーから反響が寄せられている。写真はマスク姿の人々。

日本政府は10日、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐる対策として、マスクの転売を規制する政令改正を閣議決定した。中国のネットユーザーからは賛同の声が上がる一方で、15日からの施行(公布は11日)に疑問の声も上がっている。

報道によると、今回の改正により、小売業者などを除いて、マスクを入手した価格より高値で転売することを禁止する。違反した場合は1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科される。

中国の映像メディア・梨視頻などが10日付でこれを伝えると、中国のネットユーザーからは「この政策はすばらしい」と賛同する声や、「中国も禁止すべき」「中国でも同じようにしたら、どれだけのブラック業者が摘発されることか」などの声が上がった。

一方で、「なぜ15日から?」「まだあと4日も転売できるということか」「(転売者に)4日も在庫をさばく猶予を与えるとは」「転売屋にとってはここ数日が勝負だろう」「即日施行はできないの?」といった声も少なくない。

マスクの買い占めを防ぐことが狙いの政令改正。品薄は解消されるか。(翻訳・編集/北田)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング