オーストラリアで再びトイレットペーパーの買い占めが発生―中国メディア

Record China / 2020年6月30日 8時50分

写真

26日、観察者網は、オーストラリアのスーパーで再びトイレットペーパーの買い占めが発生し、購入制限をしている所もあると伝えた。写真はオーストラリア・シドニーのスーパーマーケット。

2020年6月26日、中国メディアの観察者網によると、オーストラリアのスーパーで再びトイレットペーパーの買い占めが発生した。購入制限を設ける店もあるという。

記事によると、豪ビクトリア州では新型コロナウイルスの感染者が再び増加してきた影響で、大手スーパーマーケット・チェーンのウールワースとコールズが、ビクトリア州の店舗でトイレットペーパー、消毒液、除菌ウェットティッシュなどの商品に購入制限を設けた。ウールワースではトイレットペーパーは1人1点、コールズでは1人2点までとなっているという。

店が購入制限を設けた主な理由について、記事は「メルボルンだけでなくビクトリア州全体で新型コロナウイルスの感染者が再び増加しているため」とし、「政府も感染者数が増加している地区での防疫措置を強化しているが、これが民衆の不安をあおり、スーパーでのトイレットペーパー買い占めにつながった」と報じた。

ウールワースは、「最近、トイレットペーパーの需要が急増したため、購入制限の措置を取らざるを得なくなった」と述べているという。(翻訳・編集/山中)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング