新型コロナ、独クルーズ会社のサイトに中国人への差別表現、華人協会が謝罪要求―中国メディア

Record China / 2020年3月11日 11時0分

写真

環球時報によると、ドイツの華人協会はこのほど、クルーズ会社、アイーダ・クルーズの公式サイト上に中国人への差別的な表現が記載されているとして、同社に削除と謝罪を求める書簡を送った。写真は武漢市内の病院。

中国紙・環球時報が3月10日付で配信した記事によると、ドイツの華人協会はこのほど、ドイツのクルーズ会社、アイーダ・クルーズの公式サイト上に中国人への差別的な表現が記載されているとして、同社に削除と謝罪を求める書簡を送った。

記事によると、アイーダ・クルーズの公式サイト上の新型コロナウイルス感染症に関するQ&Aに、「私たちのクルーズ船には中国人は乗っていません」「私たちのクルーズ船の乗員に中国国民はいません」などと記載されていた。

これについて、ドイツの華人協会は書簡で、「中国人とアジア人に対する差別的な表現に驚かされた」などとし、記載内容の削除と謝罪を求めた。

問題の記述は9日までに公式サイト上から削除されたという。(翻訳・編集/柳川)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング