感染状況下のメイド・イン・チャイナ、世界の工場は健在か―中国メディア

Record China / 2020年4月1日 8時50分

写真

突如やって来た新型コロナウィルスによる肺炎はさまざまな分野に影響を及ぼす中で、メイド・イン・チャイナ(中国製造)も多くの変動を経験した。

突如やって来た新型コロナウィルスによる肺炎はさまざまな分野に影響を及ぼす中で、メイド・イン・チャイナ(中国製造)も多くの変動を経験した。新華社が伝えた。

迅速な生産転換、業務再開などに踏み切った数多くの企業がある一方で、生産目標の達成が困難で、受注・引渡しをめぐるリスクを抱える一部の企業もある。海外での感染が拡大するにつれ、多くの外向型製造業企業が圧力を感じるようになった。

感染状況の中、「世界の工場」は健在だろうか。

受注の状況はどうか?

デジタル印刷機のスマートプリントでは、ロボットアームが秩序よく連携して動く。寧波(ニンポー)申洲国際集団の工業パークの工場では、次々にできあがる衣類製品が「身支度を調えて出発するのを待っていた」。

同社はナイキやアディダスなど多くの有名ブランドのOEM生産(相手先ブランド名製造)を手がける、中国国内で最大の衣類加工生産メーカーだ。感染症が発生してから、糸、布、補助材料から衣類生産に至る供給チェーン全体を掌握していることから、生産を秩序よく再開し、今では生産能力を完全に回復して、同工場で1日に80万着の衣類を生産する。同社の馬建栄(マー・ジエンロン)会長は、「受注・引渡しに問題はなく、受注量は減っていない」と述べた。

メイド・イン・チャイナの巨大な「陣営」の中にあって、一部の企業は供給チェーンを掌握していることから迅速に生産目標を達成し、リスクを解消した。その一方で、一部の業界や企業が大きな圧力に直面している。

中国製造業の新規受注指数は2019年12月に51.2%、20年1月に51.4%だったが、2月になると目に見えて低下した。一方ですでに受けた注文を引渡しし、一方で新たな注文を獲得するには、企業は生産を再開し、できる限り生産し、生産目標を達成しなければならない。

筆者の調査研究によると、一部のトップクラスの製造業企業は、海外の一部店舗が閉鎖した影響で、受注に遅れが出るリスクが生じた。中国国内の中小企業は、特に外向型製造業企業は供給チェーンの圧力により多く直面するようになった。

湖北省は世界的に重要な自動車部品の製造供給拠点であり、一時的な製造停止に追い込まれたことで多くの自動車メーカーが圧力を感じた。大まかな統計によれば、複数のメーカーの一部車種の製造ラインが影響を受けたという。

工業・情報化部の関係責任者は、「私たちはグローバル産業チェーンの中核を担う中国国内の中小企業7000社余りを整理し、関連する地方や部門と連携して重点的にサービスを提供し、全力で取り組みを推進し、また代替可能なサプライヤーを積極的に探した」と話した。

業務再開は秩序よく力強く推進され、産業チェーンの各部分が徐々に元に戻るのにともなって、困難は徐々に解決されつつある。

公開されたデータによると、現在、湖北省を除く全国の一定規模以上の工業企業(年売上高2000万元以上の企業)の平均業務再開率は95%を超え、中小企業は約60%だ。3月12日の時点で、湖北省を除く全国の製造業重点外資系企業の業務再開率は70%を超えた。

国家発展改革委員会外資司の呉紅亮(ウー・ホンリアン)副司長は、「3月になってから、外資系企業の中国での生産経営が徐々に正常に戻り、受注の達成状況が好転して、企業の信頼感も回復している」と述べた。

産業チェーンの移転はあるか?

海外メディアの報道によれば、感染症は中国の全産業チェーンに影響を与えた。感染症発生後、企業が工場を海外へ移す動きが加速するのではないかと懸念する声が聞こえるようになった。

同部賽迪研究院(中国電子情報産業発展研究院)政策法規研究所の欒群(ルアン・チュン)所長は、「感染症の影響は主に生産の一時的な停止や遅延であり、メイド・イン・チャイナの生産能力が破壊されたわけではない。短期的に個別の注文が移転したからといって簡単に結論を出すわけにはいかない」と述べた。

ここ数年、一部の国際的ブランドや中国の製造業企業などが東南アジアで工場を建設するようになったが、これは企業の多様化した事業展開を踏まえてのことであり、単純に移転と考えるべきないことは否定できない。

専門家は、「製造業は1つのシステムであり、たくさんの部分が縦横に絡み合っている。こうしたシステムの複雑さのため、ある国や地域に供給チェーンを構築するには長い時間が必要であり、一度チェーンができあがると継続性をもつことになる。メイド・イン・チャイナが長年にわたる蓄積で構築した基礎が短期的な変動で影響を受けることはない」との見方を示した。

世界で売られる水着の4着に1着は遼寧省興城市で作られたものであり、河南省稍崗鎮は世界のスチールメジャーの半分以上を生産し、浙江省海寧市は「皮革製品の里」、浙江省大唐鎮は「国際的靴下の街」。中国経済の版図の中には、一見すると「それほど目を引かない」製造業の小規模な拠点がたくさんあり、供給チェーンシステムにおける1つ1つの節目として、メイド・イン・チャイナを共同で支えている。

中国はグローバル生産システムの中で重要な存在であり、たくさんのグローバル供給チェーンの中心でもある。工場を他国へ移すことはおそらく難しくないが、生産・供給の生態系を移転させるのは決してたやすいことではない。

複数の大手製造業企業の責任者がそろって、「供給チェーンの配置や生産の協同・効率において、東南アジアと中国にはなお大きな開きがある。感染症は影響を与えるだろうが、だからといって他国・地域が製造業の生態系を引き続く能力を備えられるわけではない」との見方を示した。

また、中国は多くの商品の世界最大の消費国でもあり、市場にはニーズがあり、これからより多くの活力を育むとみられる。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング