日本に謝罪を要求する場だった韓国の水曜集会が大荒れ、誹謗中傷飛び交う

Record China / 2020年6月4日 19時20分

写真

4日、韓国・マネートゥデイは「日本政府に公式謝罪を要求する場だった水曜集会が政治の激戦地に変化している」と報じた。写真は水曜集会の様子。

2020年6月4日、韓国・マネートゥデイは、韓国の元慰安婦支援団体「正義記憶連帯(正義連)」の会計不正疑惑を告発した元慰安婦の李容洙(イヨンス)さんの懸念が「現実のものになりつつある」とし、「日本政府に公式謝罪を要求する場だった水曜集会が政治の激戦地に変化している」と報じた。

記事によると、ソウルの日本大使館前では3日、慰安婦問題解決のため毎週水曜日に行われている正義連主催の水曜集会が行われた。しかし集会が始まる1時間ほど前から、現場に集まった保守団体と正義連支持者の間で激しい衝突が起きた。互いに誹謗中傷を浴びせるだけでなく、体を押したりする物理的衝突も見られたという。

集会開始30分前になり取材陣が集まると衝突はさらに激しさを増した。保守団体が車に設置された大型スピーカーで「尹美香(ユン・ミヒャン共に民主党議員、正義連前理事長)は(元慰安婦の)おばあさんたちにすがるな」などと叫ぶと、正義連支持者らはブブゼラを鳴らして対抗したという。

また、水曜集会自体を妨害する行為も続いている。保守団体は6月24日と7月6日、水曜集会が行われてきた日本大使館前にある慰安婦像の前で集会を行うための申請を正義連より先に提出したという。

こうした現状に関し、専門家は「保守団体の妨害行為も1つの世論であることを認め、約30年続いた『慰安婦像前での集会』の歴史に縛られない柔軟な態度が必要だ」と指摘しているという。

これに韓国のネットユーザーからは「日本が望む状況になっている」「日本が謝罪するまで水曜集会は続けなければならない」「元慰安婦の願いは不正がなくなることであって、水曜集会をなくすことではない」「保守団体は慰安婦像を撤去せよというプラカードを持っていた。尹議員が問題なら尹議員の辞任を求めればいいのに。本当に腹立たしい」と保守団体の行為に批判的な声が上がっている。また、「李容洙さんはこうなることが分からなかった?」「水曜集会をなくそうと言ったのは李容洙さんでは?」「李容洙さん、政界が慰安婦問題に関心がなかったとき傍にいてくれたのは誰?尹前理事長でしょ?」と李さんの責任を追及する声も。

一方で「正義連には1ウォンも寄付してはいけない」「もう信じない。水曜集会を続けたら第2、第3の尹美香が出てきてしまう」と水曜集会に反対する声や、「そもそも集会は日本でするべきでは?なぜ韓国でし続けているのか」と指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング