日本の入国制限延長に韓国外交部が遺憾表明=ネットは理解「各国が判断する問題」

Record China / 2020年5月26日 12時40分

写真

25日、韓国・中央日報などは、日本政府が新型コロナウイルス感染拡大を受けて取っている韓国人に対する入国制限が、来月末まで延長されると報じた。韓国外交部は同日、遺憾の意を表明した。写真は羽田空港。

2020年5月25日、韓国・中央日報などは、日本政府が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて取っている韓国人に対する入国制限が、来月末まで延長されることになったと報じた。これを受け、韓国外交部は同日、遺憾の意を表明した。

記事によると、日本政府は、韓国人が90日以内はビザなしで滞在できるビザなし入国制度の効力停止を来月末まで延長することにした。当初、停止期間は今月末までの予定だった。また、韓国に滞在後、日本に入国した人に対し、2週間の隔離生活と公共交通機関の利用禁止を要請する措置も、同様に1カ月延期する。

これに対し、外交部は「防疫状況が安定した韓国に対し、入国制限措置が継続されるのは遺憾」とし、「日本政府に措置解除を継続して求めていく」と述べた。外交ルートを通じても遺憾の意を伝えたという。

これに、韓国のネットユーザーからは、「自国民を守るために延長は必要だ」「制限を延長してもらった方が、韓国人にとっても安全」「韓国だけを制限対象としているわけでもない」「日本は緊急事態宣言が解除されたばかりの状況で、神経質になっているんだよ」「入国制限の解除は各国が状況に合わせて判断する問題だ」などと、外交部が遺憾の意を示したこととは対照的に、入国制限延長に理解を示す声が多く上がっている。

一方、「意図的に韓国を無視し、刺激しようとする戦略だ」「日本人の入国を永遠に制限しよう」などといった反発のコメントも、わずかながら寄せられている。(翻訳・編集/関)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング