中日韓著名書家オンライン書道展 北京で開幕式・揮毫式

Record China / 2020年7月5日 19時30分

写真

「青山一道、同担風雨――中日韓著名書家オンライン書道展」の開幕式および揮毫式が3日に北京で行われた。

「青山一道、同担風雨――中日韓著名書家オンライン書道展」の開幕式および揮毫式が3日に北京で行われた。中国人民対外友好協会の林松添会長、中国書法家協会の蘇士■(樹のきへんをさんずいにする)代表、中国国家画院書法篆刻所の魏広君所長、袁熙坤氏、魏傑氏、蔡大礼氏など中国の有名な書道芸術家が開幕式に出席し、日本からは日本中国文化交流協会の松浦俊海顧問、有名な書道芸術家の杭迫柏樹氏らが東京で、韓国からは韓日文化交流会議の鄭求宗委員長、韓国芸術の殿堂・ソウル書芸博物館の李東拲館長らがソウルで、それぞれビデオ中継の形で出席した。人民網が伝えた。

林氏はあいさつの中で、「遠くの親戚より近くの他人という。中日韓3カ国は重要な隣国であり、新型コロナウイルス感染症に対抗する過程で共にしっかりと立ち、同じ舟の上で風雨に耐え、お互いに支援し合ってきた。3カ国の政府と国民は実際の行動によって目の前の困難を共に克服し、艱難を共にする団結の精神を示し、アジアの文化、アジアの文明を示し、アジアの知恵、アジアのパワーに寄与し、世界の感染症対策の協力に模範を示してきた」と述べた。

林氏は、「書道芸術は中国を起源とし、アジアで発展したもので、中日韓3カ国の長い文明交流と相互参考の中で、徐々に精神を継承する媒体、相互理解と友情を増進する重要な紐帯となっていた。今回、3カ国の100人近い有名書道家が100数点の作品を創作して出展したことは、中日韓3カ国の国民が団結して感染症に対抗し、友好を増進させるための力強い原動力になることは間違いない」と述べた。

松浦氏は、「感染症が人々の暮らしに大きな変化をもたらした中で、日中韓3カ国がオンライン書道展を開催したことは、暗闇を照らす一筋の光のようなもので、文化の力で人々の心を鼓舞し、精神を奮い立たせることになる」と述べた。

鄭氏は、「韓中日3カ国が文化交流を通じて絶えず友情を増進し、協力を強化し、東アジアの平和安定をともに推進することを心より願う」と述べた。

開幕式では3カ国の書道家がその場で創作を行い、書を揮毫し、書道によって友人と出会い、オンラインで対話をし、作品に込められた意味を語り、共同で助け合おうとする深い気持ちと3カ国の平和友好への熱い期待を共に表明した。

今回のイベントは中国人民対外友好協会、中国国家画院、日本中国文化交流協会、韓日文化交流会議、韓国芸術殿堂ソウル書芸博物館が共同で主催し、人民網が共催したもの。テーマは「共同で助け合い、共に感染症に対抗する」、「世代友好、共に未来を創る」で、中日韓3カ国の有名書道家92人の作品108点が出展された。7月3日から9月30日まで人民網国際チャンネル、日本語版、韓国語版で同時に公開される。(編集KS)

「中日韓名人オンライン書道展」のトップページ
中国語 http://world.people.com.cn/GB/8212/191816/433014/index.html
日本語 http://j.people.com.cn/206603/416164/index.html
韓国語 http://kr.people.com.cn/204015/416167/index.html

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング