クラスター発生の大連でPCR検査を全面展開、費用は財政負担―中国

Record China / 2020年7月27日 14時0分

写真

遼寧省大連市で新型コロナウイルスのクラスター感染が起こっており、市の感染予防・抑制指揮部は即日からPCR検査を全面的に展開することを決定した。資料写真。

遼寧省の大連市新型コロナウイルス肺炎予防・抑制及び経済社会発展統一計画推進指揮部は26日、「7月22日以来、大連市大連湾街道(街道は行政区分)でクラスター感染が起こっており、市の感染予防・抑制指揮部は即日からPCR検査を全面的に展開することを決定した」との通告を発表した。中国新聞網が伝えた。

同市の衛生健康委員会は市全域の検査機関を手配し、街道を単位としてPCR検査を行う。今回のPCR検査費用は財政が負担する。当局は市民に対し、心配せず、街道やコミュニティーの統一手配に従って、検体採取とスクリーニングを進んで受け、検査の際には秩序良く並び、検査が必要な人は全員検査し、一人の漏れもないようにし、心を一つにして感染対策にあたるよう呼びかけている。(提供/人民網日本語版・編集/AK)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング