<コラム・莫邦富の情報潮干狩り>逆流遡上の日本クルーズ「ピースボート」、華麗なる変身へ

Record China / 2020年10月29日 18時0分

写真

家で夕食を取る時、新型コロナウイルスが発生してからは食事をしながら7時のテレビニュースを聞く習慣を復活させた。写真はパシフィックワールド号(旧サン・プリンセス号)。

家で夕食を取る時、新型コロナウイルスが発生してからは食事をしながら7時のテレビニュースを聞く習慣を復活させた。数日前に、あるニュースの見出しの案内を聞いて、慌てて席をテレビ前に移動し、テレビの画面に目を釘付けにした。

■新型コロナがクルーズ船の世界に打撃
商船三井客船の「にっぽん丸」は、200名ほどの客を乗せて、クルーズ船として日本国内で初めて運航を再開した。本格的な営業は来月から再開するというニュースだった。「クルーズ船運航再開の『第1号』が出港」と伝えるアナウンサーの声には隠そうともしない興奮が感じられた。

新型コロナウイルスの影響を最もダイレクトに受けたのは観光業。旅行社やホテルはもちろんのこと、航空会社や鉄道会社も大変だ。利用対象がより限定されているクルーズ船の世界も大きな打撃を逃れることはできなかった。

2020年まで、世界のクルーズ船業界は上昇傾向にあり、繁栄を謳歌していた。新型コロナウイルス感染の爆発に伴い、クルーズ船業界は急転直下した。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」および「グランド・プリンセス」の船内における集団感染が一時期、毎日のようにテレビ画面を賑わし、クルーズ船は典型的な3密環境だということを視聴者に印象付け、乗船を予約した客がキャンセルに走った。

感染拡大を防ぐため、クルーズ会社は運航停止の措置に相次いで踏み切った。しかし、クルーズ会社にとっては、収入がなく、営業損失があり、時価が蒸発しただけではなく、毎月巨額の資金を投入して船舶関係の維持コスト、埠頭使用料、乗組員の人件費を支出しなければならない。さらにユーザーへの返金にも追われていた。クルーズ船大手のロイヤル・カリビアン・インターナショナルを例に取ると、毎月平均約2億5000万ドル(約261億円)から2億7500万ドル(約287億円)の資金を費やすと言われている。

こうした支出に苦しんでいた多くのクルーズ船会社が少しでも資金的重圧を緩和させようとして、ついに豪華客船を手放す決断に踏み切った。業界通の話によると、こうした豪華客船は普段の相場の5分の1といった信じられないほどの金額で売り出されているケースもあるという。

■新しいチャンスを見出した「ピースボート」
世界一周のクルーズ旅行で知られる日本の「ピースボートクルーズ」は1983年に出航した第1回クルーズからこれまでに、100回を超えるクルーズ旅行を実施している。そのホームページに以下のことを誇らしげに書いている。

「延べ8万人がピースボートクルーズに乗船し、アジア・アフリカ・ヨーロッパ・北中南米・オセアニア・南太平洋など世界中、200以上の港を訪問。各地の世界遺産や大自然を訪れ、さまざまな国や地域に暮らす人びとと顔の見える交流を行っています」

ピースボートは、同じ1983年に設立された非営利の国際交流団体(NGO)で、主にクルーズ旅行中の船内企画やこれらの企画を支えるボランティア活動のコーディネートを担当している。クルーズ旅行の企画とその実施は株式会社ジャパングレイスに任せるという形で、珍しい二人三脚式の運営体制によって維持されているクルージングだ。

昨年までの好景気に刺激され、これまでチャーター船である客船「オーシャンドリーム号」1隻で運営してきたそのクルーズ事業は、2020年4月から同じくチャーター船である客船「ゼニス号」を新たに加え2隻体制に移ることになっていた。

2隻体制への移行は運営する客船の数的変化だけではなく、質的向上も意味している。1981年にピースボート1号船として就航したオーシャンドリーム号は、総トン数が3万5265トン、全長205メートル、乗客定員1422人で、クルーズ船としては古くて小さい方だ。昨年11月に接収したゼニス号は、本来は今年2月までに改装を終え、4月に運航に投入される予定だった。1992年にドイツの名門「マイヤー・ヴェルフト造船所」で建造された同船は、ロングクルーズのためのゆったりとした客室に加え、広々としたスパエリアや全船内にインターネット(Wi-Fi)環境を整えるなど、近代的なサービスも充実して、ピースボート2号船になる予定だった。同船は総トン数4万7413トン、全長208メートルで、ピースボート1号船より一回りも大きい。だから、乗客定員は1828人と400人も多くなる。ピースボートクルーズ史上最大の客船なので、東京五輪期間中はホテル船として活用する企画も上がったほど、運営側が大きな期待を寄せていた。

新型コロナウイルス感染の爆発に伴い、ピースボート側も他のクルーズ会社と同様に危機的な局面に直面していた。一時、資金ショートの噂も出てきて、事業の継続が危ぶまれていた。7月までは、2隻体制による倍の資金圧力を受けたピースボート側にとって、まさに泣き面に蜂という状態だった。

危機は「危険(ピンチ)」でもあると同時に、変革の「機会(チャンス)」にもなり得る。新型コロナ危機の先行きが見えない中、 大手クルーズ船企業は生き残りをかけて一生懸命、危機対応策を講じている。豪華客船の売却もその対応策の一つであろう。ピンチに苦しむ最中に、ピースボート側は、逆に業界のこうした動向に新しいチャンスを見出した。40年近くクルーズ事業を推進して相当の人脈などを培ってきた。こうした資源を駆使して、今までは絶対考えられない安い金額で豪華客船を入手しようという無謀に見えた作戦を始めた。
 
■ジャパングレイスが驚きの情報を公開
8月21日、東京新聞夕刊1面トップに、「世界ぐるり オンライン船旅 コロナ禍 ピースボートあす開催」という記事が大きく載った。このタイミングにこのような内容の報道と紙面レイアウトを見れば、情報世界に敏感な方ならば、おそらくすでに何かを嗅ぎ出せただろうと思った。

1カ月後の9月19日、ピースボートのホームページは更新された。ジャパングレイスが「ピースボートクルーズが生まれ変わります。パシフィック・ワールド号のチャーターについて」というタイトルで、びっくりする内容の情報を公開した。

「弊社では、かねてからのお客様の急増に対応すべく、今年4月よりオーシャンドリーム号とゼニス号との2隻体制での世界一周クルーズを計画しておりましたが、誠に残念ながら新型コロナウイルスの影響により、本年のクルーズは催行が中止となりました」

このように事情を説明したあと、「そのため、この間、新時代に対応した新たなピースボートクルーズのスタイルを再構築するため、事業計画の見直しを行ってまいりました」と言って、日本のクルーズ業界を震撼させる作戦を次のように明らかにした。

「このたび、ピースボートクルーズ史上最大の客船であり、多くのバルコニーキャビンを備え、お客様や乗組員の物理的距離が十分に確保できる安心・安全な使用客船として、2021年4月の世界一周クルーズより、パシフィック・ワールド号(7万7000トン、定員2419名、旧サン・プリンセス号)を新チャーター船とすることを発表させていただく運びとなりました」

ここでさりげなく触れた「旧サン・プリンセス号」というのは、実は日本の旅行業の王者と目されるJTBが運営する世界一周チャータークルーズに使っていたプレミアム客船なのだ。同クルーズの紹介には、「世界最大の国際的なプレミアムクルーズラインである、プリンセス・クルーズ。エレガントで心地よい雰囲気とともに上質なカスタマーサービスを提供し、50年以上にわたって愛されてきました。アメリカはもちろん、ヨーロッパ、オセアニア、アジアなど世界中から支持されています」と書かれている。

ピースボート側にとっては、これまで夢にも思っていなかった豪華客船をこれから世界一周の旅に運航させることになったのだ。このご時世の中でのこの作戦。証券取引市場の表現を借りれば、まさに「逆張り」そのものだ。

ピースボート側の経営幹部の話によれば、オーシャンドリーム号を退役させ、パシフィック・ワールド号にはピースボート1号船の大任を背負ってもらう。ゼニス号は東地中海の近距離クルーズに投入されるという。

■幹部が口にした、「心震える言葉」
2隻体制は変わらないが、その内容は目を見張るほど一変した。つまりピースボート側は豪華客船を思い切りよく入手しただけではなく、海外でのクルーズ旅行も果敢に手掛けるように決めたのだ。私のやや驚いた表情を見て、ピースボート側の経営幹部はやや照れくさくなり、「クルーズ業界がこのコロナ禍で消えるはずはありません。クルーズを愛する人々がいます。私たちもクルーズ事業以外にできることがあまりないから、来年4月以降に賭けます」とその作戦の冒険性を隠さずに説明した。

その経営判断は逆張りそのものだが、勝算が50%でも賭けてみる価値はあるだろうと私は思った。帰り際に、その経営幹部からふと漏れ聞こえてきた言葉に心が震えた。

「こんな豪華客船がこれほどのたたき売りに出されてくる。なかには買い手がつかずそのまま造船所に送られ、解体されていく豪華客船もある。こうしたのを見たら、活用せずにはいられなかった。無視することはできなかったのだ」。海、太陽、クルーズ旅行、そしてクルーズ船を愛してやまない人間の魂の叫びのように聞こえた。

原稿を書き上げ、念のため事実関係の再確認作業をしている時、ピースボートのクルーズ販売現場から最新の情報が届いた。直近の1週間で乗船をキャンセルして払い済みの旅行代金の払い戻しを選択したお客さんからの「払い戻し作業を中止して来年の乗船に変更してほしい」という申し込みが100件もあるということが分かった。しかもその傾向が9月からすでに続いている。パシフィック・ワールド号の起用効果がとても大きい。

関係担当者は「日本国内市場はほぼ安心できるようになったが、肝心の中国市場はまだ動き出していない。依然として賭けの状態にある」とやや不安そうな焦りを見せている。

パシフィック・ワールド号が世界一周のクルーズ旅行に正式に出るまでは、気を緩めることのできない日々がまだ続く。(莫邦富)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング