1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

米企業の「中国ビジネス」が急拡大=対中デカップリングは失敗に―来週にもバイデン・習近平会談

Record China / 2021年11月11日 8時20分

写真

米中対立にもかかわらず米国企業の対中貿易投資が急拡大。中国国際輸入博覧会で目立ったのは米国の出展企業で熱気に包まれた。「対中デカップリング」は失敗に終わったと見られている。写真は国際輸入博覧会(上海)

米中対立にもかかわらず米国企業の対中貿易投資は急拡大している。中国・上海で11月5日から開催された「中国国際輸入博覧会(輸入博)」では世界最大の中国市場の成長を取り込もうと多くの外国企業が最新の商品や技術を披露した。特に目立ったのは米国の出展企業で、過去最多となり熱気に包まれた。トランプ政権から続く米国の「対中デカップリング(切り離し)」は完全に失敗に終わったと見られている。米中の各レベルの対話が増えており、米中関係が改善に向かう兆しが出始めている。

◆中国輸入博に賭ける米企業の熱気

輸入博は、米中対立の激化を背景に、中国の市場開放姿勢をアピールするイベントとして2018年に始まり、今回で4回目。米国の企業や団体の参加数は200超で過去最多となった。

ゼネラル・モーターズ(GM)、マイクロソフト、アップル、ナイキをはじめ従来からの進出企業の多くは派手な巨大ディスプレイで会場を圧倒。メガ企業のアマゾンなど初出展の企業も目立ち、米中対立が続く中でも中国市場のビジネスチャンスを重視する姿勢が鮮明だった。中国税関総署によると、中国の最大の貿易相手国である米国との輸出入額は1~9月で5431億ドル(約62兆円)と、前年同期から約35%増えた。中国の対米黒字は過去最高を更新するなど、米中間の貿易は拡大を続けている。

同署発表の2021年10月の貿易統計によると、全体の輸出は前年同月比27%増の3002億ドル(約34兆円)だった。品目別では、パソコンと衣類がそれぞれ前年同月より2割増え、9月から伸びを拡大させた。輸入は20%増の2156億ドルだった。品目では、天然ガスが2.4倍、原油が6割それぞれ増えた。最大の輸入品目である半導体は1割超増加した。

輸出から輸入を差し引いた貿易黒字は845億ドルで、5割近くも増えた。新型コロナウイルスがまん延する前の19年10月と比べると、輸出は41%、輸入は26%それぞれ増大している。

◆世界貿易に占めるシェア、米国を凌駕

中国が世界貿易機関(WTO)に加盟して、12月で20年を迎える。この間に貿易総額は9倍に拡大し、世界貿易に占めるシェアは01年の4%から20年には13%に達し、13年には米国を追い抜き、日本を含む多くの国にとって最大の貿易相手国になった。5日に上海市で開いたハイレベルフォーラムでは習氏の盟友、王岐山国家副主席が「中国は引き続き高水準の対外開放を広げていく」とアピールした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください