1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

コロナで衝撃受けた中国人学生、日本留学も中国帰国も難しい―華字紙

Record China / 2021年2月5日 15時20分

写真

日本の華字紙・中文導報は1日、「感染症流行下の留学物語:日本留学も中国帰国も難しい」と題する記事を掲載した。資料写真。

日本の華字紙・中文導報は1日、「感染症流行下の留学物語:日本留学も中国帰国も難しい」と題し、新型コロナウイルスの感染拡大が続く日本から帰国したり、新たに日本に留学したりした中国人学生らの姿を紹介した。

記事はまず、「昨年から続くコロナ禍で中国人留学生は大きな衝撃を受け、ジレンマにも直面している」とし、帰国にも留学にもこれまでとは違う経験が伴うと説明。そして「新型コロナが原因で昨年以降、中国人学生の日本留学は一時停滞期に入った」などとした上で、先月11日に防護服にマスク姿で帰国の途に就いた浙江省出身の何さん(20)の状況を伝えた。

それによると、2年半前に東京に来た何さんが春節(旧正月。今年は2月12日)に合わせて帰国するのは今回が2回目だ。住んでいた部屋はすでに引き払っており、いつまた日本に戻れるのかまだ分からない状況という。この1年間、日本語学校を卒業して希望する大学に入学できたものの感染拡大が深刻になってから授業はオンラインになり、人と直に接する機会も減った。こうした生活が長引くにつれて何さんはこれまでにない孤独を感じるようになったそうだ。

当初、何さんの母親は帰国するかどうか尋ねたが、その頃は航空券の入手が難しかった上、1回目の緊急事態宣言で一定の落ち着きが見られたことから何さんは日本にとどまることを選んだ。だが、冬になって東京の感染者数は急激に増加。周囲の多くの学生が帰国用の航空券を買うのを見て動揺を禁じ得なかったといい、悩み抜いた末に自身も帰国することにしたという。2週間の隔離やその後の健康観察を考えると、春節までに「安全な状態」になるためには1月上旬に帰ることが必須だったという。

何さんは「日本の防疫力はまだ足りない。中国の方がより安心、安全」と語る。帰国後は隔離先のホテルで日本の大学のオンライン授業を受けるなどしており、隔離期間の終了間際は「家に帰って日本での疲れを癒やし、家族と一緒に春節を迎えることが今は何よりも重要」という心境だったそうだ。

記事はこの他、国に帰ってのオンライン授業が認められなかったため在籍していた専門学校を辞めざるを得なかった学生が「ジレンマを抱えています。勉強を続けて卒業したかった。でも日本で変異ウイルスが見つかった上、私は寮生活ですからより危険です。家族に絶対に帰国するよう促されました」と語ったことや、先月から日本での留学をスタートさせた学生が以前教わった教師に「日本に来ることができないのではないか」と心配されていたと明かしたことなどを伝えている。(翻訳・編集/野谷)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング