<コラム>「春節だけど…」 重いムードが漂う香港

Record China / 2021年2月11日 17時30分

写真

2月12日は、香港人にとって一年で一番重要な年中行事の春節(旧暦のお正月)だ。本来明るく賑やかに迎えるはずが、2021年は、「少しもお正月気分がわいてこない」という香港市民が少なくない。

2月12日は、香港人にとって一年で一番重要な年中行事の春節(旧暦のお正月)だ。本来明るく賑やかに迎えるはずが、2021年は、「少しもお正月気分がわいてこない」という香港市民が少なくない。新型コロナウイルス対策で集団行動が制限されていることや、牛年の景気や社会の先行きに不安を感じ、いつになく重いムードが漂っている。
!<1283000>正月料理の食材を選ぶ買い物客

香港では1月1日の西暦新年も祝うが、新年といえばやっぱり春節。春節を迎えて、牛年がスタートし、名実ともに2021年が始まる。いつもなら、春節が近づくと、商業ビルやオフィス、マンション、自宅などは、真っ赤な春節飾りで華やかになる。各地に花市がたち、正月飾りの花などを売る農家や新年にちなんだ商品を売る出店がひしめき、日本の縁日さながら盛り上がる。乾物屋街は正月料理の食材の買い出しにやってきた客でごった返すし、新年に合わせて日用品を買い替える客で消費も活発になる。
!<1282999>正月料理の食材を選ぶ買い物客

ところが、今年は事情が違う。街中の春節飾りは少なめだ。香港人の友人らは「飾りを見ても気分が追いついていかない」「買い物をする気にもならない」と、後ろ向きな声を口にする。
!<1282998>大幅値引きする衣料品店

いつもなら今ごろは、家族や友人らと集まって、レストランの円卓を囲んでワイワイ楽しんでいる。ところが、コロナ対策で今も、春節休暇中も、公共の場での集団行動は2人まで。レストランも1テーブル2人までだし、午後6時以降の店内飲食は禁止となっているため、例年のように年末年始を祝えないのだ。しかも最近は、中国本土と違ってなかなか鎮静化できない香港のコロナの状況について習近平国家主席から、「とても気に掛け、心配している」と言われた香港政府が、突如連日、新たに確認された感染者が住む住宅ビルごと封鎖して、全住民を強制的にウイルス検査するようになった。全員の検査結果が出るまでは外出できずに一夜を過ごすことになり、とても年の瀬とはいえないピリピリした空気も漂っているのだ。
!<1282995>花市で正月飾りの花きを売る店

花市は、すったもんだの末に開催されたが、「極度な密」を避けるため、花卉店以外は出店を禁じられた。このため、いつもは歩くのがやっとの花市会場は、ガランとしている。乾物屋街も、中国本土の買い物客が来ないし、地元客も目当ての商品を買ったらさっさと帰ってしまうため、例年のような売り上げは期待できないという。衣料品店も、店頭にかかげた大幅割引セールの巨大看板が、却って店の苦戦ぶりを告げている。
!<1282994>花市で正月飾りの花を選ぶ買い物客

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング