韓国バレーボール界、今度は男子選手のいじめ問題が波紋「家に連れ込まれ朝まで暴力を振るわれた」

Record China / 2021年2月23日 11時30分

写真

19日、韓国メディア・韓国経済などによると、韓国女子バレーボールの双子選手が中学時代のいじめを告発された問題に続き、今度は男子選手のいじめ加害者疑惑が浮上した。資料写真。

2021年2月19日、韓国メディア・韓国経済などによると、韓国女子バレーボールの双子選手が中学時代のいじめを告発された問題に続き、今度は男子選手のいじめ加害者疑惑が浮上した。

記事によると、あるネット上のコミュニティーに19日、三星(サムスン)火災ブルーファングス所属のパク・サンハ選手に中学時代、暴力を振るわれたと主張する文章が書き込まれた。

投稿者はパク選手と同じ中学校に通っていたといい、「入学式の翌日から地獄が始まった。パク・サンハがいじめを主導し、お金を奪われ暴行を受けた」「我慢できなくなり『なぜいじめるのか。やめてくれないか』と訴えると、暴行といじめはひどくなった」と主張している。

また、「親がいない日に家に連れ込まれ朝まで暴力を振るわれた」とパク選手をはじめとする数人の生徒からされたことが詳細に記されており、「鼻を骨折し、前歯が2本折れ、あばらにひびが入り1カ月間入院した」「(いじめ加害者たちに対する懲戒は)校内ボランティアで終わった」「死んでしまえば楽になるかと思ったが、母のことを考えて思いとどまった」などとも主張している。

さらに「今のいじめの話題に乗ったのではない。パク・サンハたちからの謝罪が欲しいのでもない。ただ、こうして書くことで心のしこりを取り払いたかった」とも述べているという。

三星火災は現在、この件について事実関係の把握を進めている。

韓国バレーボール界では、興国生命ピンクスパイダーズに所属する双子のイ・ジェヨンとイ・ダヨンの他、OK金融グループのソン・ミョングン、シム・ギョンソプも過去にいじめの加害者だったと告発され、物議を醸している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「これは完全に犯罪だ」「被害者の書いたことが全て真実なら、いじめどころのレベルではない。刑事処罰を受けさせすべき」「こんなことをした人たちのプレーなど見たくもない」「バレーボール界から永久除名にすべき」「まだ子どもなのにどんなにつらく怖い思いをしただろう。今からでも全てを明かして心が楽になればいい。悪いやつらは必ず罰を受けるよ」「これを機に、いじめを根絶やしにしよう」など、批判のコメントが殺到している。

また、パク・サンハがイ・ダヨンとかつて交際していたといううわさもあることから、「なるほどね。似たもの同士というわけだ」との声も上がっている。(翻訳・編集/麻江)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング