1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

韓国防衛産業技術の集合体!韓国型戦闘機が初公開=韓国ネット「これで世界のリーダーに」「外側だけ国産」

Record China / 2021年3月3日 15時20分

写真

2日、韓国・イーデイリーによると、韓国型戦闘機KF-Xの試作機が、来月開催予定の出庫式に先立ちメディアに公開された。資料写真。

2021年3月2日、韓国・イーデイリーによると、「韓国防衛産業技術の集合体」である韓国型戦闘機(KF-X)の試作機が、来月開催予定の出庫式に先立ちメディアに公開された。

KF-Xは韓国の技術で造られた初の戦闘機で、2001年に当時の金大中(キム・デジュン)大統領が戦闘機開発の必要性を空軍士官学校卒業式で演説したことから開発が始まった。韓国航空宇宙産業(KAI)は15年12月から試作機の製造に着手。現在は飛行テスト用6機と、地上テストおよび耐久性テスト用2機の試作機が製造されている。試作1号機はエンジン装着テストまで完了した状態だという。

国家政策事業に選定されたKF-Xは、研究開発だけで約8兆8000億ウォン(約8354億7000万円)が投入された、過去最大規模の武器開発事業となっている。26年の開発完了後、32年までに120機を量産し、空軍に配備するという。量産費は約9兆3000億ウォンと推計される。また、KF-X開発は「基本飛行性能と空対空戦闘能力の具備」を第1段階、「追加武装テストを通じた空対地戦闘能力の具備」を第2段階として進められており、追加武装テストには7000億ウォンが投じられる予定だという。

KF-Xはステルス機として開発されてはいないが、今後の性能改良を考慮したものだという。5世代ステルス戦闘機「F35」よりやや性能が低い「4.5世代戦闘機に分類される」と記事は説明している。最大7700キロの武装量を誇り、2種の空対空ミサイルと10種の空対地爆弾・ミサイルを装着できる。韓国型GPS誘導爆弾「KGGB」と、LIGネクスワンが開発を進める韓国型長距離空対地ミサイルなども搭載する予定だという。中核装備は全て韓国の技術で開発されており、AESAレーダーの国産化率は89%、統合電子戦装備の国産化率は77%を誇るとしている。エンジンもハンファエアロスペースがGE・アビエーションから関連技術の移転を受け国産化を進める予定だという。

防衛産業庁は「KF-Xは国内技術で造る初の戦闘機という事業目標があり、価格基準の国産化率は65%に達する。国産戦闘機開発に伴う経済的波及効果も相当なものになる」と述べている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「失敗を恐れずに突き進もう!大韓民国ファイト」「開発に携わる全ての人に感謝します」「軍事力世界6位、実質的には4位。最新技術の国産化で、世界のリーダーに浮上する韓国」「飛行テストの期間を短縮せずに実施し、見つかった問題点を確実に解決してほしい。研究者の皆さん、お疲れさまです!」など、喜びの声が多く寄せられている。また「韓国もステルス機を造ろう」「生き残るには自主国防が必要だ。100%国産化を目指すべき」「主敵が誰であれ、政権を握るのが誰であれ、自主国防は実現すべきだ」などのコメントも見られた。

一方、「エンジンを国産化できるまでは、国産化率は50%以下と言うべきだ」「外側だけ国産」「ステルス能力が低いので簡単に敵のレーダーに引っかかり、迎撃されるだろう。先進国のステルス機に遠く及ばないレベルの作品だ」などの厳しい意見も多く上がっている。(翻訳・編集/麻江)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング