AS韓国代表の日本人コーチ、新プログラムに「麒麟がくる」挿入曲を使用し問題に=韓国ネット「意図的だ」

Record China / 2021年3月6日 13時0分

写真

4日、韓国・KBSによると、アーティスティックスイミング韓国代表が演技に「麒麟がくる」の挿入曲を使用し、物議を醸している。資料写真。

2021年3月4日、韓国・KBSによると、アーティスティックスイミング(AS)韓国代表が演技に「麒麟がくる」の挿入曲を使用し、物議を醸している。
記事によると、韓国代表の日本人コーチは先月、新プログラムに使う曲の1つとして、NHKで昨年放送されたドラマ「麒麟がくる」の挿入曲を選定した。
記事は同ドラマについて「1500年代の日本の戦国時代を背景に明智光秀の生涯を描いたもの」とし、「織田信長の重臣だった明智光秀は、天下統一を目前にした信長を裏切った『本能寺の変』の主人公として有名だ」と説明している。
また、アーティスティックスイミングについて「音楽はただのBGMではなく、音楽に合わせた振り付けでその世界観を表現する」とした上で、「つまり韓国代表選手が日本の歴史的人物をテーマに演技を行うということ。特に、『文禄・慶長の役』直前の日本の戦国時代の武将だという点で問題がある」と指摘している。選手からも問題視する声が上がっていたが、日本人コーチは受け入れなかったという。
これを受け、韓国の水泳連盟は真相調査を開始。調査に対し日本人コーチは「8月にあるジュニア世界選手権のソロフリールーティン種目の曲として約1カ月練習した。今からでも変更が可能だ」と説明したという。
ただ、水泳連盟は「ドラマには『文禄・慶長の役』を起こした豊臣秀吉も登場するため、音楽の選定自体に問題がある」との立場で、当該曲を使用しない方針を示している。来週には選手村を訪問し、選手やコーチなど関係者から話を聞くことにしている。さらに、同日本人コーチをめぐっては選手に対するパワハラの疑いも浮上していることから、連盟は人権専門家も同行させ調査を進めるという。
これについて日本人コーチは「日本の文化に合わせて行動したが、韓国の文化では暴言に当たると知り、それ以降はしていない」と話しているという。
これを見た韓国のネットユーザーからは「秀吉が登場するドラマの曲を使うのはひど過ぎる」と批判する声や、「明智光秀は三日天下で有名な武将だ。なんか意図がありそう」「特に何も意識せずその曲を選ぶことはあり得るけど、選手の抗議を無視したのならそれは意図的」と真意を疑う声が寄せられている。
また「日本はアーティスティックスイミング強国だから日本人コーチを採用したのだろうけど、韓国よりレベルの高い国は他にもある。わざわざ日本人コーチを使う必要はない」と指摘する声も。
一方で「秀吉を褒めたたえるドラマでなければいいんじゃない?」との声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング