1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

韓国で大学の廃止ラッシュか?教育界が懸念―中国メディア

Record China / 2021年4月3日 16時30分

写真

中国・央視財経は29日、「韓国で大学の廃止ラッシュが起こるかもしれない」とする記事を掲載した。写真は韓国の大学。

中国・央視財経は29日、「韓国で大学の廃止ラッシュが起こるかもしれない」とする記事を掲載した。
記事が指摘したのは韓国の少子化で、今年1月の出生数は前年同月に比べ6.3%減り、1月としては過去40年で最も低い水準となったことを説明。また、昨年の合計特殊出生率は0.84と3年連続で1を下回ったことに言及し、「韓国の若者はなぜ子どもを産みたがらないのか」として女性の職場復帰の難しさを指摘した。
記事によると、韓国で出産後に職場復帰できる女性は3分の1にとどまることが2019年の調査で分かったという。記事は「大部分の女性にとって出産は失業を意味する。だが、出産後の経済的プレッシャーは男女同じであり、こうしたことが若者の結婚、出産計画を遅らせている」と述べ、出生率の低さは労働力不足による経済発展への影響、医療費の拡大など多くの社会問題をもたらすと説明。その上で、ソウル市内のある小学校の校長が「おととしは46クラス、昨年は44クラスあったが今年はわずか42クラスしかない」と語ったことを伝えた。
記事はさらに「一部大学ではすでに学生募集が困難になっている。統計によると、昨年の大学修学能力試験の受験者数は1994年以来、初めて50万人を下回った。募集人数を割るのも初」とし、韓国教育界に「このような現象が続けば大学の廃止ラッシュが引き起こされる」との懸念があることを説明した。
記事はまた、韓国政府は十数年前から少子化対策を講じてきたが十分な効果は出ていないとの考えを示し、韓国の若者が直面している就職の厳しさについても言及した。(翻訳・編集/野谷)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング