1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

韓国大統領府が日本を強く批判「韓国をおとしめる態度が不快」=韓国ネット「素晴らしい」「言える立場?」

Record China / 2021年6月17日 14時20分

写真

17日、韓国・マネートゥデイは、韓国大統領府の李哲熙政務首席秘書官が日本を強く批判したと報じた。写真は韓国大統領府。

2021年6月17日、韓国・マネートゥデイは、韓国大統領府の李哲熙(イ・チョルヒ)政務首席秘書官が日本を強く批判したと報じた。

記事によると、李首席は同日、ラジオ番組に出演し、英国で行われた先進7カ国首脳会議(G7サミット)に合わせて行われる予定だった日韓首脳による略式会談が中止となったことについて「(日本と)うまくやろうとしているのに、日本が国内の政治事情のためなのか調子はずれなことを言い、韓国をおとしめるような態度を取るので不快だ」と述べた。

東京五輪に合わせた文在寅(ムン・ジェイン)大統領訪日説については「単純に日本とうまくやりたいという面もあるが、北朝鮮との関係改善のきっかけにもできるため、さまざまな方法のうちの1つとして検討しているとみられる」との考えを示した。

その上で「日本はこういうことすらも中止にしようとしているが、外交にはパートナーがいて、他国に礼を尽くさなければならない」とし、「常識外れだ。日本の菅義偉首相や与党は国内の事情が芳しくないため、韓国を政治に利用していると思う」と指摘した。

また、番組司会者が「文大統領が訪日の意思を伝え、議論しているのは事実なのか」と確認すると、李首席は「それは確認できない」としつつも「全体的にわれわれは平和プロセスを進んでいるため、それに合うさまざななアイデアを検討しており、実行しようとしている」と述べた。そして「過去に安倍晋三前首相は韓国を攻撃することで危機を克服してきたが、菅首相も同じ手法を使っていると思う」と再度強調したという。

これを見た韓国のネットユーザーからは「日本の政治家は韓国を見下している。気を付けるべき」「今後も日本と友好的な関係を築くのは難しそうだ」「言いたいことを言いつつも、大きな心で手を差し伸べる。素晴らしい外交だ」など支持する声が上がっている。

また「もっと厳しく対応してほしい」「独島(竹島の韓国名)問題が解決しないなら五輪はボイコットだ。韓国の領土を奪おうとする人は敵だから」と求める声も。

一方で「日本製品不買運動を国レベルで繰り広げていた韓国政府が言える立場?」「韓国政府も日本を見下している。中国や北朝鮮には何も言えないくせに」と指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング