1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

韓国でもUFOの目撃情報が続出?米情報当局の報告書公開にUFOへの関心が高まる

Record China / 2021年7月2日 6時50分

写真

米国で未確認飛行物体(UFO)に関する報告書が公開されたことを受け、韓国内でもUFOに対する関心が高まっているという。

米国で未確認飛行物体(UFO)に関する報告書が公開されたことを受け、韓国内でもUFOに対する関心が高まっているという。6月29日、韓国メディア・ヘラルド経済が報じた。

記事によると、米国の情報当局は25日、2004~21年に米国の軍用機が144件の未確認飛行物体を確認したことを発表。報告書では「未確認航空現象(UAP)」と呼ぶこれらの事案について調査を行ったが、大型風船であると判明した1件以外は「正確な正体は不明」との見方を示した。

韓国UFO調査分析センターの話では、韓国でも年間400~500件のUFOの目撃情報が報告されており、多い年は700件にも上るとのこと。そのうち約99%は天文学者や科学者によって解明できる科学的な「錯覚」であり、光の屈折によって生じたり、衛星・大型風船などをUFOと誤認したりする場合が該当するという。

しかし、同センターのソ・ジョンハン所長は、「韓国内でも原因が解明できない飛行物体として結論づけられた事例は100件ほどある」と説明。11年にソウル市中区でUFOと推定される物体が写真に捉えられたのをはじめ、光化門の上空でも正体不明の発光体数十個以上が撮影されるなど、近年も全国的にUFOの目撃が相次いでいるという。最近では京畿道の華城でも、未確認物体が空へ垂直に上昇する姿が目撃されていたとのこと。

韓国のネットユーザーからは、「この広い宇宙に生きているのは人間だけであるはずはない」「『朝鮮王朝実録』(朝鮮時代の歴史的事実を記録した書)にもUFOに関する記録がいくつかあるけど、調べてみたら面白かった」「昔韓国の田舎で撮られた写真にUFOがはっきり写っていて、世界的に有名になったよね」「僕も偶然目撃したことがあるから信じてる。ものすごい速さで瞬間移動していて、写真を撮る暇もなかった」など、興奮気味のコメントが多く寄せられている。

一方で、「本当に地球外生命体が存在するなら、キリスト教の教えはすべて偽りになる。聖書では神は地球にのみ生命を作ったとされているから」「UFOがいてもいなくても、個人の人生は何も変わらない。仕事でもしてなさい」など、冷ややかな意見も見られた。(翻訳・編集/丸山)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング