1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

幼児2人が15階から転落死、1カ月後に逮捕されたのは現場で泣き崩れていた父親―中国

Record China / 2021年7月17日 15時30分

写真

中国メディアの北京青年報は16日、重慶市で発生した幼児転落死事件の裁判が間もなく開かれると報じた。

中国メディアの北京青年報は16日、重慶市で発生した幼児転落死事件の裁判が間もなく開かれると報じた。

2020年11月2日、重慶市錦江区の団地で2歳半の女児と1歳半の男児が15階から転落して死亡した。住民らは当時、父親が現場で声を失うほど泣き崩れていたことをしっかりと覚えており、誰もが胸が張り裂けるような「事故」だと思っていた。ところが、事件から1カ月後に容疑者として逮捕されたのは、他でもないその父親だった。

同日午後3時半、団地の中庭でマージャンをしていた女性は「事故だ!」との叫び声を聞いた。マージャン仲間たちと現場に駆け付けると、幼い子ども2人が芝生に横たわり、動かなくなっていた。そばには父親らしき男性がパジャマ姿でしゃがみ込み、号泣していた。女性のマージャン仲間の中には、転落した2人の子どもの祖母がおり、現場を見るなり男性に「お前、子どもをどうしたんだい!」と叫んでいたという。

2人は、現場で泣き崩れていた張(ジャン)被告と20年2月に離婚した陳(チェン)さんとの間に生まれた子どもだった。2歳半の娘は陳さんが育て、1歳半の息子は張被告とその母親が6歳まで育てることになっていた。事件の前日、陳さんは娘を張被告の元に預けていたという。

「子どもが転落した」との知らせを受けた陳さんが急いで病院に向かうと、張被告は子どもたちが治療を受けるICUの前で頭を抱えていた。陳さんが問いただすと、張被告は座り込んだまま「俺を殺してくれ」とだけ言った。張被告はその後、事件当時のことについて「風邪薬を飲んで寝ていた。階下で誰かが何かを叫んでいるのを聞いて、子ども2人がいなくなっていることに気付いた」と説明したという。

2人の子どもは治療のかいなく死亡した。陳さんは、時間が経つにつれ元夫の説明に疑問を抱くようになった。娘は身長が90センチほどで、息子はさらに小さい。現場の状況から窓に登るのは相当難しいと感じた。また、転落したとみられる寝室の窓は簡単には開けられない仕組みになっており大人でも苦労するほど。子どもが自分たちで開けたとは思えなかった。さらに、張被告は事件後、友人に「自分は居間で食事をしていて、子どもたちは寝室で遊んでいた」と、陳さんにしたのとは異なる説明をしていた。

疑問を抱きながら1カ月ほどが経過した時、陳さんは警察から「2人の子どもの死亡は事故ではなく、張被告が交際相手の女と共謀して殺害した疑いがある」との連絡を受け、元夫の逮捕を知らされた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング