1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

米カリフォルニア州が「キムチの日」を制定、「宗主国は韓国」と明記も=韓国ネット感謝「中国は諦めてくれ」

Record China / 2021年8月28日 18時20分

写真

25日、韓国・国民日報などによると、米カリフォルニア州議会で「キムチの日」の制定を求める決議案が23日に可決された。写真はキムチ。

2021年8月25日、韓国・国民日報などによると、米カリフォルニア州議会で「キムチの日(11月22日)」の制定を求める決議案が23日に可決された。

記事によると、韓国系のチェ・ソクホ下院議員が代表発議した「キムチの日」決議案には、「米国でのキムチ人気、需要および輸出増加、キムチの歴史および健康食品としての優秀性」についての内容と、韓国が「キムチ宗主国(Korea is the country of origin of kimchi)」である点が明記された。チェ議員は「韓国政府の定める『キムチの日』を、韓国系が多く住むカリフォルニア州でも記念したいという思いで発議した」とし、「中国がキムチの起源だとする主張を正し、キムチが韓国を代表する食べ物であることを米国に知ってもらう内容が決議案には含まれている」と説明した。

決議案可決を記念するイベントに参加した韓国農水産食品流通公社(aT)のキム・チュンジン社長は「キムチの日の制定には、キムチが韓国を代表する食べものであることを米国社会に示すという象徴的意味がある」とし、「今後は欧州など全世界に韓国のキムチの優秀性を伝え、輸出拡大に向け努力していく」と述べたという。

キムチの輸出量は2017年に2万4311トン、2018年に2万8197トン、2019年に2万9529トン、昨年に3万9748トンと増加傾向にあり、今年は4万トンを超えると期待されている。

ただ、輸入量との差はいまだ大きく、この差を縮めることが今後の課題とされている。2019年のキムチの輸入量は30万6000トンに達しており、その88%が外食・給食業者で消費されているという。

このニュースに韓国のネットユーザーからは「ありがとう」「在米同胞を応援する」「信じられるのは米国だけ。米国にもっと尽くそう」「韓国がどんどん文化強国に近づいている。K-POP、K-ドラマ、K-映画、K-漫画、K-フードが世界を感動させている」と感謝や喜びの声が上がっている。

また中国に対しては「いいかげんキムチを諦めてくれ。中国にキムチ冷蔵庫があるか?韓国のキムチ愛に勝てるわけがない」「キムチもチョゴリもすべて韓国のものだ」「韓国のキムチと中国産キムチは味も質も違う」「ベトナムでサムスン製品を作ったからと言ってサムスンがベトナム企業になる?」と厳しい声が上がっており、「食堂で中国産キムチを使わないで。韓国産じゃないならない方がまし」「もっと積極的に韓国産キムチを食べよう」と呼び掛ける声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング