1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

ポーランドが台湾に「お返し」、ワクチン40万回分寄付=蔡英文総統が感謝―独メディア

Record China / 2021年9月6日 12時0分

写真

5日、独国際放送局ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは、ポーランドから約40万回分の新型コロナワクチン提供を受けたことについて、台湾の蔡英文総統がフェイスブックで感謝を示したと報じた。

2021年9月5日、独国際放送局ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは、ポーランドから約40万回分の新型コロナワクチン提供を受けたことについて、台湾の蔡英文(ツァイ・インウエン)総統がフェイスブックで感謝を示したと報じた。

記事は、ポーランドから提供されたアストラゼネカ(AZ)製ワクチン40万回分が5日に台北の桃園空港に到着し、台湾衛生福祉部の陳時中(チェン・シージョン)部長らが現地でワクチンを出迎えたと紹介。台湾外交部が「世界的なワクチン不足、供給遅延が起きている中、今回のワクチン提供は必ずや国民のワクチン接種率上昇、抗ウイルス能力向上に寄与するだろう。ポーランドによる善意ある行動に、心から感謝する」との声明を発表したことを伝えた。

また、ポーランド外務省も4日に「世界が新型コロナと戦う中で、国際的な団結と相互支援が非常に重要だ。第一波が流行した際、台湾はわが国にマスク100万枚、防護服5000着、手術服2万着を送ってくれた。そこで今、わが国が台湾に40万回分のワクチンを寄贈し、ワクチン接種の強化に協力したい」とコメントしたことを紹介している。

そして、蔡総統がフェイスブック上でポーランドがリトアニア、スロバキア、チェコに続く、台湾にワクチンを寄贈した四つ目の欧州連合(EU)メンバー国であるとした上で「これらの欧州諸国はいずれも台湾と同様に民主、自由を求めた経歴を持っており、価値観を共有している。コロナにあらがう上での重要なパートナーだ」と述べ、ポーランドの計らいに感謝を示したと伝えた。

記事は台湾メディアの情報として、8月31日現在で台湾が購入した、または寄贈を受けたワクチンの総数は8671万4000回分であるのに対し、実際にワクチンが到着したのは1213万1300回分にとどまり、そのうち半数のおよそ600万回分が寄贈によるものであることから、野党・国民党の一部から「民進党はワクチン購入への積極性が足りない。まるで物乞いではないか」との不満も出ていると伝えた。(翻訳・編集/川尻)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング