1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

中国の自動運転投資がヒートアップ、百度、シャオミ、スタートアップそれぞれの現在位置は?

Record China / 2021年9月7日 22時20分

写真

中国自動運転の現在地とはどの辺りだろうか。最新ニュースから探ってみよう。

中国は、自動運転の話題が途切れることはない。百度やシャオミ(小米)などの大企業が中心だが、スタートアップ関連ニュースも非常に多い。中国自動運転の現在地とはどの辺りだろうか。最新ニュースから探ってみよう。

■自動運転スタートアップ…活発な資金調達

2021年の夏、数多くの自動運転関連の投資案件が伝えられた。その中から主な企業を見ていこう。

飛歩科技…2017年、杭州で設立。スマート交通の実現、自動運転の車両と道路のクラウドを確立、具体的には、港湾トラックの“自動集荷車隊”を目指す。8月、シリーズBプラスで1億元を調達。

深セン佑駕創新科技(MINEEYE)…2013年、深センで設立。当初シンガポール政府の支援で、運転支援システム(ADAS)を研究していた。その後自動運転システムへ進み、車両、歩行者、車道、信号、標識など道路状況の視覚感知システムを独自開発した。7月、シリーズDプラスをまとめる、調達金額は不明。

軽舟智航…2019年、北京で設立。大規模な智能シミュレーションと自己学習システムにより、自動運転の実現を目指す。複雑な都市交通シーンに焦点を当てたL4自動運転ソリューション「Driven-by-QCraft」を発表した。自動ミニバス「龍舟ONE」がすでに蘇州、深センなどでコミュニティーバスとして稼働している。バイトダンス、美団が出資。8月、シリーズAで1億ドルを調達。

嬴徹科技(Inceptio Technology)…2018年、上海で設立。自立走行トラックの操縦システム「軒轅」を自主開発。これはL3の自動運転技術に相当する。今後はトラックの電動化にも注力。多くの物流会社とサービス契約を締結している。8月、シリーズBで2億7000万ドルを調達。美団、京東が出資。

上海幾何夥伴智能駕駛…2018年、上海で設立。機器感知とディープラーニング技術を用いて、低コスト、量産容易なL2~L4までの自動運転技術を提供する。各種機器感知の融合とAIによる意思決定技術のリーダーを目指す。8月、シリーズAで4億元を調達。百度、シャオミが出資。

禾賽科技…2014年、上海で設立。ガス検知機やレーダーなどの生産と、サービスを提供。6月、シリーズDで3億ドルを調達。シャオミ、美団が出資。また百度傘下の集度汽車と戦略提携。

設立間もない企業がひしめき合い、システム開発を競っている。

■先行する百度…ロボタクシーの営業テスト本格化

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング