1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

あまり知られていない事実…日韓「竹島」領有権争いのきっかけ=韓国ネット「今からでも償ってほしい」

Record China / 2021年9月9日 17時20分

写真

9日、韓国・ノーカットニュースは「日本の独島挑発の裏には米国がいた」と題する記事で、「米国が70年前にサンフランシスコで、独島紛争の土台を作った」と伝えた。写真は竹島。

2021年9月9日、韓国・ノーカットニュースは「日本の独島(竹島の韓国名)挑発の裏には米国がいた」と題する記事で、「あまり知られていない事実だが、独島紛争は米国が70年前にサンフランシスコでその土台を作った」と伝えた。

日本が竹島領有権を主張する根拠となっているのは、1951年9月8日に締結されたサンフランシスコ平和条約の「領有権放棄」条項。同条項は放棄対象を「済州島、巨文島、鬱陵島を含む朝鮮半島」と定めており、竹島は含まれていない。

この条約について記事は「日本と連合国の間で締結されたが、連合国の立場は100%米国の立場で、草案も米国が作成した」とした上で、「米国国立公文書館(NARA)の米政府の機密解除文書を見ると、1949年10月に出された条約の草案には日本の領有権放棄の対象に竹島が明記されていた」と伝えている。草案は、1943年に米国、英国、中国が合意したカイロ宣言と方向性を同じくし、「日本が不法に侵奪した領土返還の当為性」が盛り込まれており、「朝鮮半島およびその島しょを日本が放棄する」と明記されていたという。

ところが同12月15日に作成された修正案では、竹島が「放棄対象」ではなく「維持対象」に変わっていたという。記事は「草案には“敗戦国”の日本が権利を放棄する地名が記述されていた一方、修正案には日本の得る権利が明記されており、まるで日本が“戦勝国”であるかのように感じられた」とも指摘している。

わずか2カ月後に竹島が韓国領から日本領になった理由について、記事は「ダグラス·マッカーサー司令官の政治顧問を努めたウィリアム・シーボルド氏が米国務省に報告した文献にある」としている。その内容は「条約の草案には日本の利益を萎縮させる条項が多いため削除、修正、再考せよ」というもの。さらに、竹島について「古くから日本領だった」とも主張しているという。記事は「『古くから日本領だった』との記述はうそである上、カイロ宣言など過去の国際社会の合意にも反している。それにもかかわらず米国務省はこの主張を受け入れた」と批判している。

その後の修正案では竹島が「放棄対象」に再び含まれたりもしたというが、1951年6月14日に出された最終修正案では「済州島、巨文島、鬱陵島」のみが放棄対象となった。記事は「(紆余曲折があったのは)米政府がカイロ宣言の趣旨を無視できなかった何かしらの事情があったとみられる」とし、「竹島の2文字を消すために日本と米国がどのように協力したかは、さらに調査が必要な問題だ」としている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング