1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

中国の土壌汚染が深刻、修復市場は88兆円規模へ

Record China / 2021年9月23日 16時10分

写真

中国では近年、土壌汚染事件や事故が頻繁に発生している。資料写真。

中国では近年、土壌汚染事件や事故が頻繁に発生している。工業化と都市化の加速に伴い、人類生存の物質的基盤としての土壌は、現在すでに大部分の汚染物質の消費地となっている。汚染企業による廃液の投棄から水銀米、鉛小麦まで、土壌汚染事件・事故はどこでも見られる光景だ。

土壌汚染は、生態環境の安全を脅かすだけでなく、人間の健康と安全を危険にさらす。土壌中の重金属過剰で土地の健康指標が低下しており、土壌修復は急務となっている。

■土壌修復について

土壌修復とは、物理的、化学的、生物学的方法を利用し、土壌中の汚染物質を移動、吸収、分解、変換して、それらの濃度を許容レベルまで下げるか、有毒で有害な汚染物質を無害な物質に変換することを指す。

現在、中国の土壌環境状況は総体的に深刻で、一部地域の汚染は特に厳しい状況にある。土壌環境保護は、エコ社会の建設を促進し、国の生態安全を維持するための重要な部分となっている、そのため、政府部門は土壌の保護と修復を非常に重要視しており、土壌保護と修復の取り組みを強化し一連の保護と包括的な整備措置を採用している。

「土十条」、「土壌汚染防止整備法」、「汚染区画の土壌環境管理弁法」、「2017年国家ネットワーク土壌環境モニタリング技術要求」などの公布に伴い、中国は今後数年間で土壌修復に関連する法律と政策を導入し、土壌修復法制度を改善し、土壌修復産業にさらに詳細な指導意見を提示し、土壌修復産業の発展を後押しする。土壌修復市場規模は1兆元(約17兆円)を見込む。

■土壌修復兆市場はブルーオーシャンか

中国の土壌汚染修復整備が遅れたことで、業界は今後、同市場が拡大すると見ているが、土壌修復市場の規模はどのくらいの大きさになるのか?

あるデータによると、2016年の土壌修復産業の受注総額は60億元(約1020億円)近くだったが、2017年の受注総額は約250億元(約4250億円)に急増し、2020年の受注総規模は約400億元(約6800億円)となった。しかし、業界内のアナリストは、中国の土壌修復産業はまだ揺籃期にあり、市場規模は年々拡大するだろうと予測している。

また、中国華東、南西部などで詳細な調査と整備計画の策定が完了し、修復の需要が徐々に明らかとなり、2020年以降の市場成長を支えることが期待されている。業界関係者は、「用地修復、農地修復、鉱山修復などを含め、土壌修復の潜在的な市場スペースは5兆2000億元(約88兆4000億円)を超えるだろう」と指摘した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング