1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

台湾の新型心理作戦車を見て「島内からも大笑い」―中国メディア

Record China / 2021年9月25日 21時20分

写真

北京晩報はこのほど、台湾軍部が7月に完成させた「第2世代心理戦作業車」に対して、台湾でも「笑い死ぬ」などの声が相次いでいると紹介した。

中国メディアの北京晩報はこのほど、中華民国国防部(台湾国防部)が7月に完成させた「第2世代心理戦作業車」に対して、台湾でも「笑い死ぬ」などの声が相次いでいるとする記事を紹介した。

記事は台湾メディアの記事を引用して、台湾側の新型「第2世代心理戦作業車」を紹介した。最新の映像技術や通信技術を使い、大陸側の軍や民間人を混乱させるために解放軍側「高官」の声や姿にそっくりな映像を車内で制作することもできるという。記事は台湾メディアの同紹介を「おおぼら」と評した。

記事によると、台湾ネット民からは、台湾軍の新たな「心理戦作業車」をあざける投稿が多く寄せられた。「台湾軍の思考回路は第二次世界大戦時の『投降勧告』に留まっている」、「笑い死にする。現代戦において、こんなトラックを運転しながらのんびりと怒鳴っているチャンスがあるのかね?」というった意見や、さらに、日本語での笑い声の表現である「ハハハハハ」の「ハ」に相当する漢字の「哈」を23回繰り返した投稿もあったという。

記事また、心理戦の一環として台湾で作られた「投降食品」も紹介した。台湾軍が発表した菓子類やカップめんで、例えばカップケーキの場合には外箱に「一.武器を捨て 二.両手を上げて 三.このカップケーキを持ち 四.我が軍に投降し 五.家に帰って家族と一緒になれ」と書かれている。表示はいずれも、中国大陸側で使われている略字体である簡体字で書かれている。

なお記事によると、台湾軍は3月に、新たな「心理作戦」の戦術構想を明らかにした。対象とするのは台湾側に対する第1波の上陸部隊または降下部隊で、まだ足場を固めておらず大型装備の支援もない段階で、台湾側の優勢な火力と合わせて「心理的呼びかけ」を実施して、「敵軍の、危機的状況にあると信じる気持ちを誘発し、戦闘意欲を崩壊させる」ことが狙いという。

記事はさらに、台湾軍側が「心理作戦」の一環として、2018年までは使い続けてきた「投降の呼びかけ」も紹介した。「親愛なる共産軍の兄弟よ。君らは完全に包囲された。前は火の海で、退路はない。すぐに出てきて投降しよう。我らの政府は実に寛大だ。君らの生命の安全は絶対に保障する。すぐに出てきて投降しよう」などと書かれているという。(翻訳・編集/如月隼人)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング