1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

謎過ぎるウルトラマンティガの削除、「暴力」の基準どこに?―中国メディア

Record China / 2021年9月30日 20時0分

写真

中国で「ウルトラマンティガ」が一時削除され、その後「復活」したことについて、中国メディアは28日、「暴力の基準はどこにあるのか」とする記事を掲載した。写真は上海のウルトラマン50周年イベント 。

中国で日本の特撮ドラマ「ウルトラマンティガ」が一時削除され、その後「復活」した不可解な騒動について、中国メディアの中国新聞週刊は9月28日、「暴力の基準はどこにあるのか」とする記事を掲載した。

■突然の削除からの「復活」、背景に何が?

今月24日、騰訊視頻(テンセント)、優酷(YOUKU)、愛奇芸(iQiyi)、bilibili(ビリビリ動画)など中国大手動画配信サイトで「ウルトラマンティガ」が削除された。3日後の27日に突然配信を再開したのだが、一部の回が削除されたままになっていることから、「問題のある回」を避けて再開したとみられる。

記事は、「ウルトラマンティガ」について、「昭和のウルトラマンと比べてストーリー、特殊効果、演技の面で明らかなブレイクスルーがあった」と評価。「削除された数日間に戸惑ったのはファンだけでなく、無数のアニメ業界関係者たちだった」とした。

削除された原因について、江蘇省消費者権益保護委員会が今年4月に公表した「アニメ分野における未成年者の成長安全侵害消費調査報告」の中で、「ウルトラマンティガ」には43の「暗黒要素」が存在し、全体の34.9%を占めていると指摘されたことが関係しているとの見方が浮上した。しかし、同委員会はコンテンツ配信元の自主的な行為だとして関連性を否定した。

一方、各配信サイトは「コンテンツ調整のため」「最適化のため」「著作権の問題のため」などと説明。ただ記事は、ウルトラマン中国の公式微博(ウェイボー)が25日に安徽省合肥市で開催予定だった記念イベントの登場キャラクターが「ウルトラマンティガ」から「ウルトラマンタイガ」に変更されたと発表したこと、中国のコンテンツを管轄する国家広播電視総局が24日夜に「暴力や血なまぐささ、低俗やポルノなどのよろしくないエピソードや場面を含むアニメのインターネット放送を断固としてボイコットし、優れたアニメの放送を大いに支持する」との通知を発表していたことを挙げ、「これがウルトラマンティガが消えた理由で間違いない」との見方を示した。



■「暴力」の基準はどこに?

記事は、「ウルトラマンティガ」はアニメではなく特撮映画としてカウントされるべきとした上で、「暴力の基準はどこにあるのか」と疑問を提起した。騒動後、多くの人は保護者からの苦情がこの結果を招いたと考えていたが、アニメ業界関係者は保護者からの苦情が散発的にあったとしても削除にはならないだろうとの見方を示した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング