1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

神舟13号「トリオ」が183日の宇宙滞在へ、女性宇宙飛行士いるか―中国メディア

Record China / 2021年10月9日 8時20分

写真

有人宇宙船「神舟13号」とキャリアロケット「長征2号F遥13」のコンビネーションが7日、打ち上げエリアに運ばれた。

有人宇宙船「神舟13号」とキャリアロケット「長征2号F遥13」のコンビネーションが7日、打ち上げエリアに運ばれた。発射場の施設・設備はコンディションが良好で、今後計画に基づき打ち上げ前の各種機能検査、合同テストなどの作業が行われる。

神舟13号の有人飛行任務が正式に打ち上げ準備段階に入った。今回の任務は宇宙ステーション段階の第2回有人飛行で、宇宙飛行士3人が神舟13号に乗り宇宙ステーションに向かい、6カ月にわたる宇宙生活を送る。これは今後、乗組員の一般的な軌道滞在期間になる。

■新「宇宙出張トリオ」、出張期間は183日に

神舟5号から11号に至り、中国の宇宙飛行士11人は14回の宇宙旅行を終えた。新「宇宙出張トリオ」は神舟13号に乗り、183日間にわたる宇宙旅行を開始する。

新「宇宙出張トリオ」に選ばれる宇宙飛行士は誰だろうか。女性は含まれるだろうか。

神舟5号から12号に至り、劉洋(リウ・ヤン)氏と王亜平(ワン・ヤーピン)氏という2人の女性宇宙飛行士が見事に任務を完遂した。

神舟12号の予備宇宙飛行士は、翟志剛(ジャイ・ジーガン)氏、王亜平氏、葉光富(イエ・グアンフー)氏だったが、新「宇宙出張トリオ」はその3人だろうか。ネットユーザーはその信ぴょう性は高いとしている。その理由として、翟氏と王氏は飛行任務を遂行した経験を持ち、葉氏は新人のため、ベテランが新人を率いるという条件を満たしている。さらに重要なことは、王氏が女性宇宙飛行士であるからだ。

中国の宇宙ステーションは2022年に大まかに構築され、その後第1陣となる外国の宇宙飛行士を迎える。ドイツ、フランス、イタリアの宇宙飛行士3人が現在、急ピッチで中国語を勉強中で、うち1人は女性だ。完成後の宇宙ステーションの最大定員は6人であるため、中国の宇宙飛行士3人のうち女性宇宙飛行士が1人いれば海外の乗組員と一致し、長い宇宙任務において女性特有の強みを発揮するのに役立つ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング