1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

世界最長のガラス橋が一般公開―四川省

Record China / 2021年10月22日 19時40分

写真

四川省達州市宣漢県巴山大峡谷景勝地内に建設された世界最長のスパンと最大落差となるガラス橋「雲頂飛度玻璃橋」の一般公開がこのほど始まった。

四川省達州市宣漢県巴山大峡谷景勝地内に建設された世界最長のスパンと最大落差となるガラス橋「雲頂飛度玻璃橋」の一般公開がこのほど始まった。21日、同ガラス橋には他では味わえない体験をしようと、多くの観光客が訪れ、写真撮影を楽しんでいた。

2つの絶壁をつなぐように架けられた同ガラス橋のスパンの長さは680メートル、落差380メートル。橋面には強化ガラスが使われており、その透明度だけでなく、安全性も高く、定員は500人となっている。橋の中ほどには、直径6メートルのガラス製展望エリアが設けられており、ガラスが割れてしまう疑似体験ができるスクリーンと3Dアニメに音などを組み合わせた5D機能も備わっており、ガラス橋のスリリングな雰囲気をいっそう高める効果をもたらしている。観光客はガラス橋で清々しい気分を味わえるだけでなく、峡谷の峰々を鑑賞し、雄大で美しい風景を高い場所から楽しむことができる。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング